ヴェレーナ相模大野【スケール以上に見映えする凝った共用部】1階66㎡4,528万円(坪単価228万円)

続けて、ヴェレーナ相模大野。

設計はエフティー建築設計事務所、施工は風越建設で直床になります。
けしてお安いお値段の物件ではないので二重床であって欲しかったという思いもありますが、近年はこのぐらいの単価水準で直床となるケースが大手デベロッパー物件でも増えていますので仕方ないところでしょうか。

デザイン監修はお馴染みインターデザイン小寺氏です。

こちらは「ヴェレーナグラン」などではない本家「ヴェレーナ」ということでユーロ色がかなり強くなっています。そのため、好みの分かれるところではあるのでしょうが、エントランスアプローチ(自主管理広場併設)からエントランスホールに至るまでの豊かな空間は一般的な総戸数40戸のそれではなく、その差別化十分なデザインも相まってこの界隈ではかなり目立つ存在になるでしょうね。
空地率は約71%ということで数字的にも当物件のランドプランがいかにゆとりのあるものかがお分かりいただけると思います。

なお、L字型の敷地形状ゆえにこのようなゆとりあるエントランスアプローチが採用出来ているのは間違いないものの、このスケールの物件としてはかなり大きなエントランスホール、そしてその自主管理広場を設けているあたりからは共用部の高級感を重視する傾向のある大和地所レジデンスらしさを強く感じることができます。

風除室は2層分の高さのあるインパクトのあるものですし、基壇部(エントランス周り)も外観(角住戸のワイドサッシなどの透明感)にも拘りが強く窺える物件ですね。

前回のヴェレーナ相模大野

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-9-27_12-59-5_No-00.png
お部屋は66㎡の3LDK、南西向き中住戸です。1階ですので視界抜けは得られないものの、南西方向は接道していますし、向かいも戸建ですので日照的にも何ら問題のないポジションになります。

間取りとしては、ヴェレーナの1階住戸ならではのオープンエアリビングが最大の特長になるでしょう。

センターオープンサッシに面したウッド調デッキ敷のその第二のリビングは晴れの日には特に魅力的な空間になります。

大通りに面することなく、かつ、前建が低層建物となるポジションでのこのオープンエアリビングが貴重なのは言うまでもなく、戸建よりもマンションが好みだけれども庭のようなプライベートな屋外空間が欲しい方には非常に適したものと言えるでしょうね。

なお、共用廊下側の柱の食い込みは残念ですが、2WAYのビッグウォークインクローゼットなど収納面の充実は66㎡の3LDKとして評価出来る点の1つになるでしょうか。

坪単価は228万円。普通のバルコニーになる2階住戸はパンダ的な意味合いもあるとはいえ3,968万円(坪単価200万円)ですので、オープンエアリビングバルコニー(+プライベートガーデン)の付加価値がかなり大きく考慮されているのは間違いありません。

ただ、このような好条件の1階住戸は多くないですし、下階に気にする必要もないので小さなお子さんをのびのび育てたい方には魅力的なものとなるでしょうね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはないものの、食洗機、天然石天板の水回り天板などヴェレーナらしさを感じるものです。なお、トイレ手洗いカウンターはありません。

管理費は212円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが総戸数40戸というスケールを考えれば悪い水準ではないでしょう。

駐車場は全22台で身障者用を含む4台が平置、残りの18台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment