クレヴィア日暮里ザ・レジデンス【小規模ながら存在感抜群の外観】45㎡4,400万円台(予定)(坪単価約326万円)

続けて、クレヴィア日暮里ザ・レジデンス。

設計はIAO竹田設計、施工は南海辰村建設です。
競合するアトラス日暮里グレイスコートよりもこちらの竣工の方が少し早いですし、どちらが先かは存知あげませんが、IAO竹田設計の起用はグレイスコートと同様です。

「IAO竹田設計×クレヴィア」は直近のデザイン性が非常に高かったクレヴィア上野池之端だけでなく、クレヴィア御茶ノ水クレヴィア金沢八景ザ・ベイなどクレヴィアの中でもデザイン性に富んだ物件が多いですね。

アトラスが次々とデザイン性の高い物件を供給している日暮里駅界隈に参入するにあたってデザイン性を高めるというのは非常に重要なことですし、高額物件での実績豊富なこのIAO竹田設計の起用(ザ・プレイスも同様)は英断と言えると思います。

実際、当物件の外観デザインは遠目に見ても映えるものです。
バルコニー周りを大きく囲んだグリッドデザインはもちろんのこと、バルコニー側と妻側とで異なる風合いのタイルを採用したことで、強く印象に残るデザインになっていると感じます。

エントランス周りは総戸数65戸(半数が30~40㎡台)なりのもので多くが物件スケール以上の豊かな共用スペースを確保した「日暮里のアトラス」と比べると一般的なものという印象にはなるものの、デザインに関してはやはりIAO竹田設計らしい申し分のない出来ですね。

内廊下設計であるのも1つのポイントでしょう。

前回のクレヴィア日暮里ザ・レジデンス

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-10-8_10-58-36_No-00.png
お部屋は45㎡の2LDK、北西角住戸です。低層階ですのでいずれの方角も視界抜けは得られませんが、前建との間には北側は道路、西側も当物件の平置駐車場があるので至近距離で塞がれる感じではありません。

間取りとしては、30㎡ちょっとの1LDKに比べれば大分しっかりとした大きさがありますが、1LDKではなく2LDKになっています。

当物件には54㎡の2LDKが用意されているのでこの面積帯の2LDKという選択肢を設けるのはおかしなことではないものの、やはり採算上少しでも販売単価を上げたいというデベロッパーの思惑を感じずにはいられないプランです。

洋室2はとってつけたような3畳という大きさでしかありませんし、引き戸を開くとLDと一体利用できるような形ではないため気軽に1LDKと2LDKを使い分けることの出来ないのも残念ですね。

3畳でも形はいいので1居室として使うことは十分に可能だとは思いますが…。

坪単価は予定価格で約326万円。この条件でファミリータイプであったならばこのような単価はまず不可能ですが、このぐらい面積を絞り、なおかつ、2LDKをプランニングしていることからすると違和感のある水準ではありません。

駅近だったオープンレジデンシア日暮里プレミアムレジデンス日暮里雅苑のコンパクトプランは坪単価300万円ほどからありましたのでそれらが分譲された2017年時点から比べるとさらなる値上がりを感じる水準ではありますけれどもね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはなく、水回り天板も天然石ではありません。食洗機やトイレ手洗いカウンター、また、良水工房などもついてはいますが、この単価帯(特にグロスもそれなりの水準となるファミリータイプ)にしてはやや物足りない印象があります。

ここはコンパクトプランが多いので仕方ないところではあるものの、代々のアトラスは設備仕様にも力を入れてますからね。

駐車場は身障者用を含む全9台で平置になります。

0 Comments



Post a comment