バースシティ溝の口ウエスト【柱のある末長物件】2階64㎡3,560万円(坪単価183万円)

続けて、バースシティ溝の口ウエスト。

設計は西尾建築設計、施工は末長組です。

西尾建築設計はブログ内検索で検索していただくとお分かりのように分譲マンションにおいてはほぼほぼプレシスの実績ばかりの会社なのですが、なぜだかロイヤルシーズン池田山ロイヤルシーズン白金台という末長組の超高額物件2つに携わっていました。

当物件は末長物件の十八番と言えるF2システム(PRC構造+耐震壁付ラーメン構造)が採用されておらず、間取りを見ての通り柱の凹凸のある普通のラーメン構造になっています。そのため、天井間際までのハイサッシなどが導入出来ているわけではないのが残念ではあるものの、草花をモチーフとして西洋装飾をふんだんにあしらったエントランス及びバルコニーの設えは非常に末長組らしいもので当物件の見所の1つではありますね。

前回のバースシティ溝の口ウエスト

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-10-25_16-6-48_No-00.png
お部屋は64㎡の2LDK、東向き中住戸です。低層階ですが、東方向は一段グラウンドレベルが低くなっており、方角的にも東南東と言った感じなので日照もそこそこ得られる悪くないポジションです。

間取りとしては、65㎡に満たない3LDKということでエリア的なところから言ってもかなり小ぶりな印象のものになります。隣駅のバースシティ久地S-Courtもかなり小ぶりなプランニングでしたので驚きはありませんが…。

面積帯を考えるとさらに効率性を高めて欲しかったという思いはあるものの、オーソドックスな田の字プランで柱の食い込みも少なめなので特段違和感はありません。

バルコニー側は「連窓サッシ×ウォールドア」という組み合わせなので一定以上の開放感があるでしょう。

坪単価は183万円。東南東向きなので日照時間は短めですが、視界的には上々のポジションですので悪くはないでしょう。久地駅徒歩3分だったそのバースシティ久地S-Courtは平均坪単価約210万円という水準でしたし、マイナーな津田山駅徒歩8分という立地なりの水準と言えると思います。

設備仕様面は、この価格帯・スケールならばディスポーザーや水回りの天然石天板仕様、はたまたトイレ手洗いカウンターもないのは仕方のないところではあるものの、床暖房は…。
やはりバースシティ久地S-Courtもありませんでしたが…。
※当物件の高額な上層階ルーバルプランには床暖房がついています。

管理費は164円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ということもあり、リーズナブルな水準です。

駐車場は全24台で、身障者用と1階住戸専用駐車場の2台のみが平置、残りの22台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment