ザ・リーフィアレジデンス成城【一目で心を奪われる「内廊下×内階段」】81㎡15,399万円(坪単価628万円)

ザ・リーフィアレジデンス成城。

所在地:東京都世田谷区成城5-425-1(地番)
交通:成城学園前駅徒歩3分
用途地域:第一種低層住居専用地域
階建・総戸数:3階建、13戸

既に残り1戸と販売が佳境を迎えている物件なのですがまだ取り上げることが出来ていなかったので遅ればせながらここらで取り上げたいと思います。

先日取り上げたグランドメゾン成城レジデンスに先行し昨年末よりひそかに分譲されていた物件で、南面がオダクル成城学園前(駐輪場)であることによる視界抜けもさることながら、設計・施工に竹中工務店を起用した設計・デザインに一目で心を奪われる物件でもあります。

駅から少し離れただけで360度第一種低層住居専用地域が広がる成城学園前駅とは言えども駅徒歩3分内と第一種低層住居専用地域を両立させるマンションは少ないですし、当物件は敷地面積も約1,850㎡となかなか大きいですね。

総戸数はグランドメゾン成城レジデンスよりもさらに少ないのですが、当物件は平均専有面積110㎡近いさらに大きなプランニングが採用されており、「竹中ありき」「竹中だからこそ」そのような言葉が非常に似合う物件になります。

「小田急×竹中」と言えばリーフィアレジデンス等々力があり、やはりとても瀟洒で素敵な物件なのですが、こちらは「初」の「ザ」・リーフィアですし、平均坪単価600万円超の超高額物件ということもあってか妥協の感じられない素晴らしい仕上がりになっていると思います。

グラデーションが施されたガラス手摺やルーバーによる南面デザインも見所十分なのですが、さらに凄いと感じるのがエントランス側(北側)ですね。
北側道路から約7m建物をセットバックし、その東西にも開かれたゆとりのスペースに多くの植栽を設けると共に優雅な車寄せまで施されています。

このクラスの物件であることを差し引いてもゆとりと高級感のある空間なのですが、このような空間を設けることが出来た最大の理由は敷地形状にあると思います。

当物件の敷地形状は東西に長いものであると同時に、敷地南東部に突き出た部分があり、その部分を平置駐車場(来客用含む全14台。すなわち100%)に出来ているので、その北側の部分を無理なくエントランスアプローチの空間として利用することが出来ているというわけです。

低層物件ということもあるのか共用部において特段空間的な広がりを感じることはありませんが、大谷石や杉板本実型枠コンクリートなど表情豊かなマテリアルを随所に用いたことで見れば見るほど素敵なデザインと感じますし、内廊下・内階段の設計・デザインに関してはそれはそれはもんげぇ感じです。

総戸数13戸の3階建でエレベーターを2基配している時点でもんげぇのですが、共用階段が「内階段」、つまり、内廊下と一体になったカーペット敷で、その階段周りにはねじり金物がアクセントを与えてくれているという一目で心を奪われるデザインになっています。

賃貸物件ではあるのですが、竹中設計・施工のザ・カハラ小杉陣屋町のフライング廊下も一目で心をわしづかみにされる素晴らしさでしたし、スケールメリットを活かした設計・デザインが可能なタワマンなどの大規模物件でないにも関わらずここまで素敵なものを実現出来るのはやっぱり竹中だけなのではないかと思わされる凄い物件だと思いますね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-10-30_10-32-31_No-00.png
お部屋は81㎡の2LDK、南向き中住戸です。上述のように南側は駐輪場であり、その先も戸建住宅街になりますので視界抜けも出てくる絶好のポジションになります。

グランドメゾン成城レジデンスのように「最前席」ではありませんので眺望というほどのものではありませんが、第一種低層住居専用地域でのこの視界抜けやはり貴重です。

上述のように総戸数13戸でエレベーターを2基設け共用廊下を2つに分断出来ているのでこういった中住戸でも北側が共用廊下に面しておらず、この最上階住戸からは屋上緑化が望めるという魅力もありますね。

間取りとしては、80㎡超ありながら2LDKとなっておりやはり成城の第一種低層住居専用地域の高額物件に相応しいゆとりあるものになります。

壁式構造が採用されているので居室のコーナー周りがきれいですし、両面開口部住戸なりの優れた玄関位置も功を奏し、洋室2室及び洗面所がノンリビングインとなっているあたりも流石と感じますね。

壁式構造で梁をなくしたことで最大天井高2.62m、サッシ高2.4mを実現しているのも特筆すべき点になります。

この面積の2LDKのわりに収納が少ないのは少々気にはなるものの、効率性も悪くないですし、超高額物件なりのプランと感じますね。

坪単価は628万円。平均でも600万円を超える物件でありとってもいいお値段になっています。
平均で言うとグランドメゾン成城レジデンスよりも高いですし、「眺望」の付加価値に欠けることを考えると少し高い気がするのですが、こちらもグランドメゾンも代えの効かない唯一無二の素敵な物件だと思いますので、究極的なことを言ってしまうとお値段を見て買うような物件ではないと思います。

あの内廊下・内階段見たらねぇ…。

ちなみに、この後駅徒歩1分に三井不動産が分譲を予定しており、ホームページが最近公開されたのですが、マンション名はなく「仮称)世田谷区成城駅1分プロジェクト」となっています。
駅前ですが100㎡超のラグジュアリープランもありますし、マンション名が何になるのかとっても気になりますね。

設備仕様面は、この規模でも当然のごとくディスポーザーが付いていますし、食洗機、フィオレストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンター、タイル貼の廊下・洗面・トイレ床、LDビルトインエアコンなど高級感のあるものです。

管理費は408円/㎡。平均専有面積100㎡を優に超えているとは言え、総戸数13戸というスケールで内廊下、かつ、ディスポーザー付ですのでむしろ安く感じますね。

駐車場は上述のように100%の平置ですが、青空なのはちょっと残念です。

0 Comments



Post a comment