ドレッセ美しが丘フロント【駅徒歩3分×美しが丘】6階81㎡10,670万円(坪単価434万円)

ドレッセ美しが丘フロント。

所在地:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-1-1他(地番)
交通:たまプラーザ駅徒歩3分
用途地域:第一種住居地域、第二種中高層住居専用地域
階建・総戸数:地上6階地下2階建(建築基準法上)、67戸(非分譲1戸含む)

ドレッセワイズたまプラーザの分譲からわずか2年ほどしかたっていませんが、さらに駅近のドレッセということになります。
スケール的にはドレッセワイズには遠く及ばないものの、当物件のポジションは過去20年間で一度も供給のなかった「駅徒歩3分内×美しが丘アドレス」ということで、昨今の駅近信仰の強さも後押しして注目度の高いものとなっていると思います。

ただ、線路隣接、しかも南側が線路という駅前物件ゆえの大きなデメリットも存在しており、求めるものによって大きく評価の分かれる物件になるでしょう。

なお、エントランスは敷地西側(建築基準法上の地下2階)と敷地東側(建築基準法上の1階)の2つがあり、西側エントランスからは駅・商業施設へ、東側エントランスからは美しが丘第五公園などのある丘上へと、傾斜の途中の物件ゆえかいずれの方向のアクセスにも優れている点も魅力の1つになってくると思います。

なお、通学区の美しが丘東小学校までは徒歩7分という距離感で、その東側の丘上エントランスからだと標高差もあまりなくアクセスすることが可能ですね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-11-14_21-58-26_No-00.png
お部屋は80㎡超の3LDK、南東角住戸です。部屋番号は6××号室ですが、建築基準法上は4階住戸になるお部屋で、丘上のグラウンドレベルからみて一般的な4階相当になる感じです。

東側は2階建の美しが丘保育園ですし、南側線路の向かいも戸建などの低層建物中心のエリアになっているので、この4階相当のお部屋からはかなりの視界抜けも得ることが出来ますね。

ネックは言うまでもなく目の前が線路という点ですが、二重サッシが採用されているので窓を開けての生活を望まない方であれば
良い条件ということになってくるでしょうね。

間取りとしては、そのような物件内で条件のよいポジションなりに80㎡超が確保されています。

プランのベースとなっているのはいわゆる田の字で、LDに特徴を持たせた感じにはなりますが、それだけでも結構インパクトはありますね。南西角住戸とは異なり頂点部分に柱が残ったままなので「コーナーサッシ」という形ではなく柱の食い込みによる面積消費も残念ではあるものの、外から見るとコーナーサッシのようにガラスが連続したデザインですし、東側にしっかりとした幅のある開口部を設けるなどかなり開口部の充実したものになっています。

また、洋室2の引き戸はL字ながら北側に全ての扉を格納できるような設計になっているので、LDと洋室2、さらにキッチンも加えると25畳近い大空間が実現し、高額住戸なりの豊かさも十分に感じることの出来るプランですね。

一方、残念に感じるのは浴室が1620ではなく1418である点でしょうか。
80㎡超のお部屋であれば1620が相応しかったですし、効率性という意味でも悪くないプランなので1620にするのは十分に可能だったはずなのですが…。

坪単価は434万円。ドレッセワイズの上層階は坪単価400万円台後半~500万円ほどでしたが、流石にそこまでは行かないようです。駅はこちらの方が近いのですが、やはり目の前(南側)が線路というのは一般的に言って大きなマイナス材料ですし、ランドマーク性(スケール)ではドレッセワイズに遠く及びませんからね。

ドレッセワイズ自体の平均は約380万円で、階数や向きによってかなりバラツキのあるお値段設定でしたし、こちらはやはり線路が(特に高級マンションとして考えた場合)ネックになってくることを考えるともう少し抑えられていてもおかしくなかった印象ではありますね。
まぁ、上述のような過去20年間分譲のない貴重な立地の66戸ですし少々高かろうと十分に引き合いがあるということなのだとは思いますが…。

0 Comments



Post a comment