ソルフィエスタ町屋【柱を食い込ませてまで実現した凄いパノラマウィンドウ】階50㎡4,900万円台(予定)(坪単価約324万円)

ソルフィエスタ町屋。

所在地:東京都荒川区町屋8-1976-5(地番)
交通:町屋駅徒歩8分
用途地域:商業地域
階建・総戸数:12階建、21戸

尾竹橋通り沿い、2015年に分譲されたクレヴィア町屋の尾竹橋通りを挟んだ東向かいに誕生する物件です。

ほぼ1フロア2戸となるかなりの小規模でプランも40~50㎡台というやや特殊な物件にはなりますが、この小スケールでもソルフィエスタシリーズらしいデザイン及び間取りにパンチのある物件に仕上がっているのでそういった点を重視したい方にとっては面白い物件になるでしょう。

こちら同様にまもなく分譲開始されるソルフィエスタ浅草Ⅱ、ソルフィエスタ船堀もここと同じぐらいのかなりの小規模物件になりますが、ソルフィエスタはどの物件もかなり差別化を意識したものになっているので、デザイン性が高い物件の多い都心部などでなければ存在感を放つ可能性を秘めているシリーズだと思います。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-1-13_9-50-53_No-00.png
お部屋は50㎡の2LDK、北西(+南・東)の四方角住戸です。西~北にかけて尾竹橋通りになる賑やかなポジションなのは間違いありませんが、通り沿いであるがゆえに前建までの距離が確保出来たポジションで、外観上も印象的なパノラマウィンドウからは申し分のない採光を得ることが出来ますね。

間取りとしては、やはりそのパノラマウィンドウが最大の特長になるでしょう。
パノラマウィンドウはいわゆる腰高窓などではないので高さもしっかりとありますし、LDは南側にも開口部が設けられているので採光はもちろんのこと、中層階以上であれば日照もわりと得られますね。

玄関位置も良好なプランなので短めの廊下ながら洋室2室及び洗面所をノンリビングインに出来ているあたりも評価出来る点でしょう。

一方、残念なのは柱の食い込みでしょうね。
直近のソルフィエスタ堀切菖蒲園ソルフィエスタ青砥などの間取りを見ても柱のアウトフレームにはむしろ力を入れているデベロッパーですので、このLDとトイレの間の丸々1本食い込んだ柱は意外ですらあるのですが、それもこれもやはりパノラマウィンドウの反動ということにはなるのでしょうね。

パノラマウィンドウのある窓際(及びバルコニー周り)から柱・梁を排除するために柱のラインを内に入れてしまったのが、このような食い込みが生じた最大の要因ということになります。

50㎡の2LDKのわりには居室畳数は確保出来ている方だと思いますし、収納も明らかに少ない感じではないので上手に纏めている印象ではあるのですが、そもそもこの面積では住宅ローン控除の適用は受けられないわけで、もう1プラン(40㎡)を37㎡ぐらいにしてでもこちらのプランは「住宅ローン控除の適用が可能な53㎡ぐらい」にして欲しかったという思いは強いですね。

坪単価は予定価格で約324万円。低層階は280万円ほどということで、南西方向からの日照や北・東方向の視界抜けが出てくる上層階なりにしっかりとした水準になっていますね。

直近のクリオ町屋サザンマークス・ウエストマークスの40~50㎡台の上層階住戸と大きな差のない水準にはなりますが、当プランは50㎡台なりのグロスの嵩みがあり、なおかつ、住宅ローン控除の対象外の大きさになりますので「もう一声」欲しかった印象ではありますね。
ただ、特徴豊かなプラン面を考慮すると無茶な水準ではないのでしょう。

0 Comments



Post a comment