THE HIGH HORIE【プランだけでなく共用部も凄い】38㎡3,790万円(坪単価329万円)

続けて、THE HIGH HORIE(ザ・ハイホリエ)。

設計・施工は不二建設で直床になります。
関西は関東とは異なりタワマンでも直床が少なくなく、ノンタワマンだとほぼほぼ直床なのでこのお値段の物件でも違和感はありません。

前回の記事で述べたように各戸のプラン設計が非常に特異な物件なのですが、エントランスなどの共用部まで同様のコンセプトを貫いていることに驚かされますね。

エントランス脇のグランドラウンジも2層吹抜となっており、二次元的にもゆとりあるカフェのようなお洒落な空間に仕上がっているので(WiFi、コンシェルジュサービス付)、ここに居着いてしまう方もいるのではないでしょうか(笑)。

SOHO住戸も設けられた物件ということもあり、共用施設として立派な会議室も設けられていますし、ビジネスシーンでの付加価値も高めた物件になります。

駅徒歩1分×スキップフロア設計というだけでも十分過ぎるほど特長があるのですが、さらにこのグランドラウンジまであるというのは正直やり過ぎとさえ思うレベルですね。

スキップフロアを採用した住戸自体が非常に開放感が高く自宅の居心地が非常に良いものになっているわけで、そこにこのグランドラウンジというのはオーバースペックとすら…。笑

世の中には予算が青天井な方は限られていますし、エリア的にはかなり突出したお値段水準になっているという意味では気になるところではあるものの、どうせやるならば「徹底的に」というスタンスは嫌いではないですね。

前回のTHE HIGH HORIE(ザ・ハイホリエ)

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-11-29_17-16-54_No-00.png
お部屋は38㎡の1LDK、東向き中住戸です。東側は接道してはいないものの、寶生教などの低層建物で構成されており、あみだ池筋付近までの視界抜けを得ることが出来るポジションです。

間取りとしては、ロフトは付いていませんが、最大天井高3m(LD)のスキップフロア設計になっています。

ただ、先ほどの最大天井高3.55mで居室とロフトの2層構造が実現していたプランとは少々趣きが異なりますね。
キッチンだけでなく洗面浴室周りも2段高いスキップフロア設計になっていることからお分かりのように、水回りに段差のあった昔のマンションのように水回りの配管スペースを水回り下部に確保しただけとも言え、バリアフリー化の進むトレンドに逆行する印象がないとは言えません。

ただ、やはり一般的な2.5m前後の天井高を大きく上回る3mの天井高となったLDは素敵ですし、スキップフロア設計によるキッチンとの一体感も大きなポイントですね。かなりの開放感が期待出来ると思います。

内廊下を採用した物件ということもあり、ベッドルームは行灯部屋ですが、やはりリビングインなので引き戸を開くとさらなる空間的な広がりが得られます。
廊下らしい廊下がほとんど見当たらず空間効率という意味でも優れたプランですね。

言わずもがなプライバシー面では難のあるものですが、この面積帯ならばこういったプランニングは「アリ」だと思いますし、窓のある浴室も魅力でしょう。

リビングイン的なポジションになるトイレへの入口はもう1枚扉を挟んでいた方が良かったようには思いますが…。

坪単価は329万円。先ほどのプランのロフトのように「専有面積外の+α空間」があるわけではないので突出した坪単価にはなっていません。

ただ、そのように効率性の高い設計ですし、最大天井高3mの空間設計からしても大きな違和感のないお値段設定ではないでしょうか。
グロス価格が嵩まない面積帯的に単価が高めになるというのもありますし、このぐらいの面積帯の方がグランドエントランスなどの共用部の付加価値をより感じやすいというのもあるでしょう。

管理費は275円/㎡。ディスポーザーはありませんが(スケール的にはあって欲しかったところですが、物件コンセプトからすると違和感はないでしょうね)、内廊下、コンシェルジュサービス付などといった点を考えると総戸数141戸なりのスケールメリットを感じます。関西圏の物件にしちゃ高い印象ですけれどもね。

駐車場は全9台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment