コートKステーションステージ【専有面積とほぼ同じ大きさのテラス・専用庭】1階41㎡2,990万円(坪単価239万円)

続けて、コートKステーションステージ。

設計・施工は片山組、設計・デザイン監修は彩建築設計事務所の代表である佐野氏になります。
片山組は分譲マンションに限るとオープンハウスのオープンレジデンシアシリーズでの実績が豊富なゼネコンになりますね。

敷地形状が非常に歪な物件にはなるものの、建物自体は前回の記事で書いたように南面道路に面した部分だけがイレギュラーな形状になっている程度で、特段複雑な形状をしているわけではありません。

当然空地部分は歪になるのですが、西面も接道していることで駐車場・駐輪場動線が上手いこと確保出来ていると感じますし、敷地北東部の三角形に近い部分に1階住戸の専用庭を設けているあたりも当物件の魅力の1つということになってくるのだと思いますね。

また、共用廊下に内廊下を採用しているのも1つの特徴、さらに、エントランスにしっかりとした奥行が設けられているあたりにも好感の持てる物件になります。

特筆すべき高級感があるような類の物件ではないものの、前回取り上げたプランを初めとしてバルコニーのコーナー部分を丸めたことで外観的にもちょっと特徴のあるものになっています(隣のファーストクラス鴨居との統一感を図ったのかね???)。

前回のコートKステーションステージ

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-12-5_14-1-31_No-00.png
お部屋は41㎡の1LDK、東向き中住戸です。東方向には7階建のグランシティ鴨居駅前がありますが、見ての通り半端ない奥行のある専用庭があり、なおかつ、その先に植栽まで施されたポジションになるので、圧迫感はそこまでではないでしょう。

北側は隣戸の専用庭の先が線路であり賑やかなポジション、また、グランシティや当物件の南向き住戸の自己日影により日照があまり期待出来ないポジションになりますので、使い方は限られてはしまいそうですが、テラス部分を含めると39㎡超となる専有面積に匹敵する大空間は大きな特徴になるでしょうね。

なお、当物件の40㎡台はこのようなLDが行灯部屋(内側)になったものが多くなっており、このプランに限ったことではないものの、室内部分は少々残念です。

LDとベッドルームの間の引き戸は扉2枚分しか開け放てない中途半端なものですし、ベッドルームの開口部もスパンの半分程度しかないサッシ2枚分の開口部ということでかなり勿体ない印象を受けるのです。

せっかくこのような奥行のあるテラス・専用庭があるのですからそちらに向かって開口部を充実させれば室内の開放感は倍増しますし、キッチンもこの位置(背後に壁)にするのであればLD向きのオープンキッチンとしてより広がりを重視したものの方が良かったのではないでしょうか。
もちろんこのようなキッチンとすることで来客時にキッチンが見えづらいというメリットもありはしますが…。

なお、共用廊下は上述のように内廊下ですが、玄関前にアルコーブ的な空間のないコンパクトマンションにありがちな設計になります。共用廊下にゆとりを設けにくいコンパクトマンションでは95%以上(推定。笑)がこのような設計になるものなので仕方ないところではあるでしょう。

坪単価は239万円。大きな専用庭付プランということで2~3階あたりと比べると単価高になっています。

前回の記事で書いたように60㎡程度の2LDKなどと比べグロスの嵩みが強く考慮された価格設定にもなるのですが、お隣のファーストクラス鴨居(平均専有面積30㎡台)が2005年というマンションが今よりも遥かに安かった時期の分譲ながら平均坪単価約220万円だったことからも分かるように、このご時世のコンパクトプランならばこのぐらいの水準にはなることに違和感はないというか単純に数字だけで言うならば目に優しいものになると思います。

柱の食い込みや開口部の貧弱さなど間取り面の物足りなさや前建や線路の影響を考えるとこんなものなのだとは思いますが…。

設備仕様面は、価格帯やスケール的にディスポーザーや水回りの天然石天板がないのは当然のことですが、トイレ手洗いカウンターどころか食洗機すらも付いていないのは残念ですね。浴室照明もブラケットタイプであり、分譲マンションとしてはかなりシンプルなものになります。
ちなみにコンロはIHになるようですね。

管理費は227円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下の小規模物件ですのでリーズナブルな方ではあるでしょう。
ただ、このような水準に出来ているということは内廊下に冷暖房設備はなく換気(空調)のみでしょうか?

駐車場は全12台で身障者用を含む6台が平置、残りの6台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment