ルフォンリブレ王子【この面積にしちゃ控えめな単価】2階34㎡3,299万円(坪単価318万円)

続けて、ルフォンリブレ王子。

設計・施工は髙松建設です。ルフォンリブレ赤羽と共に「HANAプロジェクト」と名付けられ同様のコンセプトを持った物件になりますので、てっきり同じ設計会社が起用されているのかと思いきや違いました。

こちらも同じくシックなトーンを纏った内廊下設計が採用されていますし、ガラス面を多く設け洗練された印象のある外観及びエントランスも共通点があるのですが、「華」を感じた赤羽に比べるとやや大人しい印象にはなるでしょうか。

とはいえ、エントランスの庇裏を木目調とするなど全体的に繊細なデザインが採用されており、ルフォンシリーズらしいセンスの良さを感じる物件になっているのは好感の持てる点でしょうね。

前回のルフォンリブレ王子

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-12-13_12-1-58_No-00.png
お部屋は34㎡の1LDK、南向き中住戸です。南側は接道してはいないものの、前建は2階建の戸建であり、その先も広域に渡り同じような低い建物が並んでいるので、この階でも日照を得ることが可能です。

間取りとしては、30㎡台中盤の小ぶりな1LDKでベッドルームは3畳とそれ相応に小さなものになります。

ただ、その一方でLDKは10.5畳としっかりとした大きさがありますし、浴室は1317、収納もウォークインにシューズインとなかなか充実していますね。

廊下を限界までコンパクトにすることを目指したためか、やはり洗面所とトイレの扉がぶつかり合う設計で、洗面所の扉を引き戸にするなどの配慮があって欲しかったとは思うものの、ベッドルームがLDと違和感なく一体利用できる設計になっているなどなかなかバランスの取れたプランだと思います。

坪単価は318万円。3階以上で視界抜けが出てくるポジションゆえに、この2階だけは価格が一段階抑えられた結果ちょっとしたパンダ住戸な存在になっています。

40~50㎡台ならば微塵も安くない単価水準ではあるものの、34㎡という大きさならばわりと印象が変わってきますね。

前建の影響のあるポジションですのでお得とまでは思いませんが、グレード感などで劣るいわゆる投資マンションなどあっても「こういった面積帯でこのような単価水準」になることが少ないのが近年の現実であり、投資はともかく実需でこういった面積帯のお部屋をお探しの方にとっては魅力を感じることの出来る水準だと思います(少なくとも新築においては)。

設備仕様面は、基本的に赤羽と同じです。
少戸数コンパクト物件ですのでディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗い器、天然石のキッチン天板など(ものによって異なるので詳細は割愛しますが、30㎡台以下のコンパクトプランにはないものもあります)、この単価帯のコンパクト物件であることを考えると上々のものと言えると思います。

管理費は308円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下設計の小規模物件ですので、同仕様の赤羽の381円/㎡と比べても悪くない水準であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

駐車場は身障者用を含む全3台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment