2019年販売部門①【金賞は言うまでもない…】

昨日のマンション番付に続き、本日から大晦日までの期間で2019年の各賞を発表して参ります。

この企画は2013年から始めたので早いもので7年目になりますね。
当ブログの「カテゴリ」には「各賞発表」というものを設けており、そちらにはこれまでの記事が集まっています。特長豊かなマンションを数多く掲載していますのでマンション好き・間取り好きの方は楽しんでいただけると思います。

さて、各賞は昨年までの
・販売部門
・管理費部門
・デザイン部門
・間取り部門
・差別化部門
・モモレジ部門(特別賞)
・デベ部門
の7つに加え、今年からはさらに「立地部門」を新設することにしました。

毎年同じことを言っており恐縮ですが、いずれも「モモレジの独断と偏見」によるものとなります(笑)。対象は首都圏のマンションで、モモレジが深く知らないマンションはそもそも土俵(番付だけにね(笑))にも上がれませんが、それでもお付き合いいただけますと幸いです。

前置きが長くなりましたが、本日は販売部門です。

昨年同様に今年も全体として売れ行き不調な年だったのですが、都心部で突出した売れ行きの物件がなかった昨年とは異なり今年はごく一部の物件の売れ行きがかなり目立っていたので審査自体は楽でした。

ハルミフラッグのようなその特異性ゆえにいつの時代(市況)であっても突出した数字になるであろう物件はさておき、「平均的な売れ行き」が非常に悪い分、「そこそこの売れ行き」の物件でも結構目立つ状況にあったように感じます。

2019年の販売部門受賞物件は、

【金賞】
ハルミフラッグ

【銀賞】(順不同)
シントシティ
ブランズタワー豊洲
白金ザ・スカイ

【銅賞】(順不同)
プラウド大泉学園ステーションフロント
プラウド世田谷砧
バウス品川戸越
ザ・パークハウス浅草

まず、【金賞】はそのハルミフラッグでこれに異論がある方は少ないと思います。
特に第1期1次600戸は、平均倍率2.6倍・最高倍率71倍という出色の数字を記録(偏りが凄かったのでこの数字でも即日完売してませんが…)しているので、何の迷いもありません。

年明けからはいよいよサンビレッジの分譲が始まるのですが、そちらも高倍率が付くような価格帯にして欲しいものです…。
先日、ようやく正式にリリースされたパークタワー勝どきがかなり高くなるとの噂ですのでそれとのギャップで安いと錯覚する方もいるとかいないとか…。笑

【銀賞】【銅賞】の詳細は次の記事でどうぞ。

0 Comments



Post a comment