2019年差別化部門①【金賞のレベルが高過ぎな件】

本日は2019年差別化部門の発表となります。
(※念のため毎度毎度言っておりますが、私モモレジの独断と偏見のみで受賞物件を決めております(笑)。対象となる物件は2019年において(おそらく)第1期を行った首都圏の物件で、モモレジが知っている物件です(汗)。)

物件の差別化を図る要素には様々なものがあり、既に受賞物件を発表している間取りやデザインなどもその最たるものではあるのですが、玉石混淆の幾多の物件の中でも「明確かつ独創的で類似物件を見い出しづらい要素を持っている」という点を重視して選んだのがこの賞になります。

受賞マンションは以下の通りです。

【金賞】(順不同)
パークコート文京小石川ザ・タワー
アトラス荻窪大田黒公園
グランドメゾン成城レジデンス
※ハルミフラッグは選考外にしました…。

【銀賞】(順不同)
グランツオーベル中野
白金ザ・スカイ
日本橋浜町ダイヤレジデンス

【銅賞】(順不同)
ピアース旗の台
ピアース祐天寺
プラウド南阿佐ヶ谷
プレミスト中野通り
グレーシア湘南辻堂
パークホームズ中野本町ザ・レジデンス

まず、【金賞】ですが、パークコート文京小石川ザ・タワーについては異論はないはずです。
春日駅に地下で直結しており改札を出てすぐのところにマンションエントランスがあることが最大の理由ではあるのですが、もっと根本的なこととして文京区はタワマンが少なく、文京区最高層タワーレジデンスというだけでも受賞理由としては十分だと思っています。

残りの2物件アトラス荻窪大田黒公園グランドメゾン成城レジデンスはパークコートほどの分かりやすさこそないものの、立地とランドプラン(設計)共に素晴らしくその希少性はかなりのものと考えて良いと思います。

アトラス荻窪大田黒公園は敷地の北側が大田黒公園に隣接しているという点もさることながら、その東西に長い敷地形状も相まって南北両面に住戸を設けた全戸ワイドスパンというプラン面も大きな特長になります。
その上、敷地中央部を東西に貫く内廊下はその多くがガラス貼の採光豊かな設計になっており、窓先に空とガーデンを望むというその素晴らしきその空間は差別化の極みと言って良いと思いますね。

一方、グランドメゾン成城レジデンスは、成城3丁目の国分寺崖線上の高台最前席に位置した南西傾斜のポジションであることに加え、総戸数16戸というスケールながら滝(水盤)まで望める4フロア分の吹抜に面した内廊下設計まで実現しており、やはりオンリーワン、差別化を極めた物件になるのではないでしょうか。

【銀賞】【銅賞】の詳細は次の記事でどうぞ。

0 Comments



Post a comment