本年もなんとか完走出来ました【2019年の振り返りと「数字」への思い】

本年最後の記事になりました。

※マンション番付2019完全版及びマンションオブザイヤーをご覧になりたい方はこちら

今年は既にマンションオブザイヤーを発表済ということもあり、ここらで簡単に今年を振り返ってみるのも一興でしょうか。

今年の元旦の記事で書いたように2020年の東京五輪まで現在の高騰した相場は持たないというのが数年前からの私の見立てであり、2018年の状況からしても2019年はかなり危ないのでは?と思っていたのですが、世界経済が予想していた以上にしぶとく(NYダウのここ1年の上昇率は優に20%を超えています。来年に大統領選を控えたタイミング"株価対策が選挙対策になるので株価を上昇を意図した政策がなされることが多い"ではあるものの、ここ数年の大幅上昇から考えるとここまで好調に推移するとは思っていなかったというのが正直なところですね…)、経済に大きなショックを与える大きな事象が顕在化することはなかったので、住友不動産などの大手デベロッパーを中心とした「売れなくとも価格を下げない牛歩戦術」「なかなか売れないのにそれが適正価格だと言いはることで妥当感を出す戦略」が未だ通用してしまっている感じですね。

しかしながら、不動産経済研究所による首都圏マンションの契約率は月間で60%を切ることがなんら珍しくなくなりましたし、11月末の在庫も7,525戸と確実に溜まってはいるので、このように需給にそぐわない販売が長期化すればするほどひづみは大きくなり(マグマが溜まり)、いつか必ず反動として私たちの目の前に現れるはずです。
来年は世界経済の動向を注視しつつその時に備えたいところですね。
こういったことが皆の予想通りにいったためしがないので、五輪後すぐのタイミングで相場が下落するとは思えませんが、最近は五輪後もまだまだマンションは下がらないといった風潮が徐々に増えてきていると思うので面白くはなってきたかな。株式市場に精通している方なんかだとよくお分かりになると思うのですが、皆の予想がハズレた時ほど相場というのは反動でよく動くものなのです。

さて、これで締めてしまおうかとも思ったのですが、こんな機会でしか申し上げられないことがもう一つあったのでもう少しお付き合いいただければ…。

先日、日テレの「スッキリ」の中で「食べログの評点を恣意的に下げられた」というオーナー側の主張が報道されていました。私はフードライターなどではないので(当たり前だな。笑)、その真偽如何は定かではありませんが、そのオーナーによると「およそ3.5点以上あった点数が3.0とか3.1に突如下がり、予約が7~8割減った」ようで、完全な死活問題になっているようです。

当ブログは口コミサイト(※)などではなく第三者性を固持し、かつ、客観的な評価を追求しつつも私個人の趣味的なもの(実は自身の備忘録としても凄く役に立ってます。笑)なので「食べログ」とは立場・背景が大きく異なりはするものの、モノに対する評価がなされているという意味では同じで、趣味的なものとは言いつつも読者の方をミスリード(※)しないように常々注意を払っているのでこの報道は非常に興味深いものでした。
※口コミや不特定多数の他人の意見を聞くこと自体は有用なこと、意味のあることです。ただ一方で、知識があまりない方はミスリードされるリスクもかなり高いので、出来る限り多くの方・立場の違う方の意見を聞き、知識に欠ける中でも「自分なりに咀嚼するだけの最低限の知識や能力を有すべき」だと思っています。

それに、そういった食べログのように「もっと分かりやすく物件の評価を"数字"で表してくれませんか?"数字"で表すといいんじゃないですか?」と言われることも何度かあったので今回の報道は余計に興味深かったのです。

当ブログは大変多くの方々にご覧いただいているお陰で早8年以上続けることが出来ており、首都圏における築浅物件のほとんどを網羅しています。そのため、記事数は6,800を超え、必要な情報をすぐさま見つけるのは難しく、かつ、一目でその物件の良し悪しを把握するのは簡単ではないと思います(すみません…)。

確かに"数字"で表現すると分かりやすいですし、インパクトが出るので話題にのぼりやすいという意味でも今のようなSNS社会に適しているのは間違いないでしょう。
でもね、その「食べログ」の報道からも分かるように"数字"って凄く危険な存在で、ノイズの混ざった数字がSNSなどで拡散されようものなら完全に情報が歪んでしまうと思うのです。

世の中に"数字"は溢れていて、マンション業界で言えば例えば「第1期●●戸即日完売!」「資料請求●●●●件!」などと言った数字をアピールすることで人気を演出することも多々あります。

しかしながら、そういった数字は物件自体のスケールに大きな影響を受けるものですし、中には平均坪単価と個々の住戸の坪単価から受ける印象がリンクしないケース(平均坪単価は安くなくとも一部の住戸は安く感じるケース。逆もしかり)など、数字はミスリードの温床となることが少なくありません。

確かに、「誤魔化すことが出来ない数字」「誤解を与えづらい数字」は検討するにあたって大いに参考にすべきでしょう。しかしながら、そもそもそのような数字を達成出来るか否かに広告費の多寡やSNS戦略なども大きな影響を与えているのも言わずもがなで、あまり知識を持ち合わせていない方がそのような"数字"を鵜呑みに購入を決断するのは少なからず危険が伴うことだと思うのです。

そもそもマンションは2つ(2戸)として同じものがなく、「総合点」で判断するものでも「平均点」で判断するものでもありません。
それにマンションを検討するにあって人それぞれ重視したい点とそうでない点があるのも言うまでもないことですし、仮に項目ごとに点数をつけるにしてもそれが絶対評価なのか相対評価なのかによっても"数字"の意味合いが全然違ってきますよね。

"絶対評価"ならば「基準」が不要なので比較的点数はつけやすいのですが、どうしても物件間の比較をしたくなるのが人間というものですし(相対評価をしないとその数字の根拠がモヤモヤしがち)、今ある決まった物件だけを点数付け・順位付けをするのならまだしもマンションは今後も常に新しいものが生まれ、かつ、周辺環境なども年月の経過と共に変わっていくものであることを考えるとある一時点での"数字"での表現がほぼほぼ無意味なものであることがなんとなくお分かりいただけるのではないかと思います。

ちなみに、私は学生時代理系でしたし、数学や数字に関することはベラボーに得意です(自分で言うな…汗)。
でも…だからこそ…「数字の扱い」には気をつけなくてはいけないと思っています。

"数字"での表現は分かりやすいです。しかしながら、客観的、かつ、矛盾が生じることのない評価は結局は言葉の積み重ねの中にしかないと思いますし、これからもその貫いてきた思いを変えることなく真摯にマンションに向き合い、私の思うところ感じるところを可能な限り的確に読み手の皆様に伝えることができるよう日々精進していきたいと思っております。

締まりました?締まったよね??笑

毎年この最後の記事のコメント欄やメールフォームなどでたくさんの方々から有難いコメントをいただくのですが、いつも応援いただいている皆様には本当に感謝しかありません。
今年も毎日欠かすことなく記事を作成するのはやはり非常に大変なことであったのですが、顔は見えなくとも皆様の応援・声援があってなんとかやってこれました。本当に有難く思っております。

来年も皆々様方のマンションライフが良いものとなりますことを心よりお祈りしております!
良いお年をお迎え下さいませ。

8 Comments

月島民  

本年もお疲れ様でした!

※拍手をした際にコメントを書いたのですが、そちらもモモレジさんに届くのか分からなかったので、いつも書いているこちらに、あらためて記載させて頂きます!

本年も、想像を絶するほど数多くの記事、ブログの更新、本当にお疲れ様でした。マンション好きとして、ただただ頭が下がる思いです。
そして私も、モモレジ様ファンとして、スムログ含めた全ての記事を、6年連続で完読させて頂きました。そのわりに、拝読した記事の記憶、知識が頭に定着しきれておらず、マンション、不動産に関する知見が頭打ちなところが悲しいのですが、、、。
そして、最後の記事も、モモレジ様ここにあり、と言えるような重みのある内容で、大晦日、酔った私の頭にもズシンと響きました。真摯に、懸命に記事を書き続けるモモレジ様の想いが、溢れているように感じられました。
引き続き、来年からも毎日の配信を楽しみにはしておりますが、当たり前のように配信し続けることは、本当に本当に大変なことだと思いますので、どうかご無理をなさらず、ご健康を第一にお過ごし下さい。
最後になりますが、どうか良いお年をお迎え下さい。

2019/12/31 (Tue) 23:14 | REPLY |   

とひ  

2019年も素晴らしい記事の数々を有難うございました。もはや私の中ではモモレジさんの当ブログを拝読するのが「趣味」となっておるのですが、ふとしたきっかけで実は周囲の友人・知人の中にも愛読者が多いことを知り嬉しくなった1年でした笑
これからも定性・定量両側面、マクロ・需給の観点、そして何よりモモレジさんの趣味嗜好アングルを交えた多角的かつ暖かみのある記事を楽しみにしております!

2020/01/01 (Wed) 08:32 | REPLY |   

Kevin  

明けまして、おめでとうございます

明けまして、おめでとうございます。
2012年頃にマンション契約後してから物件名で検索していて、こちらのサイトに出会いました。
その時点の分譲価格や間取り図が今でも閲覧出来るので、中古物件を探している人にも参考になると思います。
とは言いつつ昨年は魅力と欠点を兼ね備えた新築物件を契約してしまいました。
今後もよろしくお願い致します。

2020/01/02 (Thu) 11:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/02 (Thu) 22:07 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: 本年もお疲れ様でした!

月島民様

長きに渡りブログをご覧いただき、かつ、年の瀬にコメントをいただきまして本当に有難うございます。
※拍手の方のコメントも届いております。有難うございます(昔、他の方の拍手コメントが届いていなかったことがあったと記憶してはいますが…)。

記事の内容や知識が定着しないのは月島民様に問題があるのではなく私のブログの内容や文章力に問題があるのではないかと(汗)。

正直、これだけ記事を書いていると物件・住戸は違えどコメントが似通ってしまう部分も多々あるので、「誇張などをすることなく物件の内容を純粋に伝えつつも面白い内容・興味深い内容にするにはどうしたらいいか」という悩みはわりと常に持っています(笑)。
※私も歳のせいか結構忘れますので、そういう時は自分のブログを読み直して「なるほど…」と思っています。これマジです…。

とは言え、まずは1つ1つの物件を出来る限り正しく表現することが大切だと思っているので、その気持ちを忘れることなく今年も頑張っていきたいと思っております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2020/01/04 (Sat) 09:02 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: タイトルなし

とひ様

明けましておめでとうございます。そして非常に嬉しいコメントいただき有難うございます。

ブログをご覧いただくのが「趣味」と言っていただくことはもちろん嬉しいのですが、ご友人・知人の方々にも愛読者が多いと聞いて驚きました。
友人・知人が普段どんなサイトやブログを見ているかってなかなか知る機会がないと思いますし、偶然とはいえそのように愛読していただいている方が近いところだけでたくさんいらっしゃるというのは私にとっても非常に嬉しいことです。

非常に多くの方々の目に留まるようになりプレッシャーのようなものを感じることもありますが、これまで通り自分なりにベストを尽くして頑張ってまいります。

コメント有難うございました!

2020/01/04 (Sat) 09:10 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: 明けまして、おめでとうございます

Kevin様

明けましておめでとうございます。
そして、いつもコメントいただき有難うございます。

極端な話、マンションは魅力と欠点の双方があるのが当然で、魅力が各人のニーズや重視するところにどれだけフィットするかという世界だと思うので、けして間違っていないと思います(特に実需の場合)。

今年も少しづつでも多くの方々の力になれたらと思っているのでどうぞ宜しくお願い致します。

2020/01/04 (Sat) 09:15 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: ありがとうございます

> もうここ数年、ブログ見て楽しませていただいています。
> 中古マンション探しをしていて、こちらにたどり着き、3年ほど前にお陰さまで満足いく間取りの物件にたどり着けました。
> さらにこの1,2年ほどはマンション販売ではないのですが、周辺の仕事にも関わる機会ができて、新築マンションの動向見るためにもますますありがたく拝読しています。
> 数字でなく、こういった記事で残していただけること、本当にありがたいです。
> 一度は感謝の気持ちを伝えたく、勝手ながらこちらにコメント残させていただきました。
> 丁寧な内容でそれも1日に2本、アップされていて、大変だと思いますが、無理はなさらず、でも今年もいろいろな物件、教えていただけますようお願いいたします。

藤本様

ご丁寧なコメントいただき誠に有難うございます。
とても励みになります。

現在はマンション関連のお仕事をされるまでマンションを好き(?)になられたとのことで大変嬉しく思います(笑)。

微力ながら少しでも多くの方々の参考に資する記事をこれからも書いていきたいと思っておりますので、末永く応援いただけると幸いです。
本当に有難うございました。

2020/01/04 (Sat) 09:44 | REPLY |   


Post a comment