センチュリー亀有【北綾瀬寄りで公園充実】3階62㎡3,790万円(坪単価202万円)

センチュリー亀有。

所在地:東京都足立区東和2-55他(地番)
交通:亀有駅徒歩13分
用途地域:第一種住居地域
階建・総戸数:10階建、34戸

センチュリー北綾瀬と共に「TOKYO TOWN LINK PROJECT」が掲げられているように、亀有駅と北綾瀬駅の中間付近に誕生する物件になります。
物件概要に記載は確認出来ませんが、北綾瀬駅も徒歩14~15分程度になるでしょう。

いずれにしろ駅距離のあるポジションにはなるものの、大通りなどに面していないわりと落ち着きのある住宅街に位置していて、徒歩2分のところに北三谷公園、さらに宮元公園や東綾瀬公園など周囲の緑にも魅力を感じることが出来ます。

通学区の北三谷小学校は徒歩3~4分という距離感ですし、東和図書館が近隣にあるのも子育てファミリーにとっては魅力の1つになるでしょうか。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-12-24_9-39-58_No-00.png
お部屋は62㎡の3LDK、南西角住戸です。南西~西にかけては3階建の建物が立っていますが、南方向は2階建なのでこの階でも視界抜けが出てきますし、日照に関しては何ら問題のないポジションになります。

間取りは、62㎡の小ぶりな3LDKながら物件内で最も大きなものになります。

このような小さな3LDKにするのであればいわゆる田の字プランのように玄関廊下を一直線として効率性を重視した方が良かった印象を受けるプランで、そのようになっていないためかLD周りの手狭感が強いですね。

LDKで一括表記しているので11.4畳になってはいるものの、LD単体では8~9畳しかないはずで62㎡であることを加味しても小さめです。

反面、洋室3室は比較的しっかりとした大きさなのですが、収納もやや少なめな印象ですね。

また、この階に関しては南西~西にかけて前建の影響を受けるため、LDが角位置(二面採光)でなくとも良いとは思うのですが、このプランは上階まであり、視界面での魅力が増してくる上層フロアのことを考えるともう少し角住戸らしい開口部や居室配置が望ましかったと感じずにはいられません。

また、読者の方ならばお分かりかと思いますが、玄関扉を開けてすぐのところにエレベーターがあり、扉の開く向き的に玄関を出た瞬間にエレベーター待ちの方に玄関の中が丸見えになってしまうのは気になりますね。

坪単価は202万円。前建の影響があるとはいえ日照良好な角住戸ですので、物件内ではこなれている方という印象になります(物件平均は坪単価220万円ぐらい?)。

なお、最寄駅は北綾瀬駅になりますが、比較的近いエリアで分譲中のサンリヤン北綾瀬(駅徒歩12分)の平均坪単価が約205万円、ルフォン北綾瀬シエルフォート(駅徒歩9分)が平均坪単価約210万円ですので、大通り沿いか否かの差こそあれ物件全体としてみた場合には少々強気な印象になります。

0 Comments



Post a comment