ザ・サンメゾン千住大橋【意外にもゆとりのある2LDK】3階57㎡4,780万円(坪単価276万円)

続けて、ザ・サンメゾン千住大橋。

設計はオンズデコ、施工は多田建設で前回の記事でも述べた通り一建設(プレシス)のプロジェクトを踏襲したものになります。
1月に完成済で完成売りになる物件ですね。

外観デザインに関しては、エントランス両サイドに壁面緑化、バルコニー手摺の一部をバルコニー床の側面からの立ち上がりにするなど工夫が見られますが、スケール的に小さな物件であることもありとりわけ目立つ感じではありません。

エントランス両サイドの壁面緑化もつた状のグリーンカーテン的なものでいわゆる壁面緑化に比べるとやや物足りない印象があります。

前回のザ・サンメゾン千住大橋

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-2-24_9-41-58_No-00.png
お部屋は57㎡の2LDK、南向き中住戸です。やはり南側は戸建街区になりますので低層階でも日照的には何ら問題のないポジションになります。

間取りとしては、この物件が当初から「サンメゾン」だったのであれば「一般的な大きさ・形状の2LDK」で終わってもいいぐらいなのですが、「プレシス」だったはずなのに3LDK(もしくは2LDK+S)でないのはちょっと意外かなと。

先ほどの角住戸も74㎡というしっかりとした面積が確保されていましたし、立地的なものもあるのか全体的にわりとゆとりのある設計が採用された「プレシス」のようですね(この専有部形状だと「当初3LDKとして企画されていたものの居室割を変えて2LDKにした」ということもないでしょう)。

洗面浴室はやはり大きくはありませんが、洗面所は先ほどの角住戸よりもむしろ広いですし、浴室の1317もこの専有面積ならば違和感はないでしょう。

坪単価は276万円。先ほどの角住戸よりも幾らか高い水準で、物件内で最も小さくグロス価格の嵩まないプランであることが考慮されてのものでしょう。

ただ、駅近とは言えやはりこのエリアのメインニーズは「ファミリー向け3LDK」であることに違いありませんし、いわゆるファミリータイプではないのにグロスで5,000万円近い水準というのはニーズとは少しズレが生じている印象を受けます。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはないものの、食洗機、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様など単価帯を考えれば充実している方と言えます。なお、床暖房はガス温水式ではなく電気式になります。

管理費は338円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしながらかなり高い水準でスケールメリットが得られない総戸数26戸というスケールが強く影響してしまっているようですね。

駐車場は駅近物件ということもあり3台(身障者用1台含む)のみですが、いずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment