ネベル浅草橋【印象的なファサードウォール】30㎡3,400万円台(予定)(坪単価約369万円)

続けて、ネベル浅草橋。

設計はデベロップデザイン、施工はライト工業です。

これまで何度も述べているようにこのネベルシリーズは非常にデザインに力を入れており、当物件もその傾向に変わりはありません。

中低層階は1フロア3戸、上層階は1フロア2戸の小規模物件で、前回の記事で書いたように63㎡(5戸)を除くと30~40㎡台で構成された物件でもありますので、エントランス周りなどにとりわけスケールのある空間は見受けられないのですが、小さいながらもエントランスラウンジの雰囲気は素敵ですし、隅田川の花火大会などを考慮し、屋上にテラスが設けられている点も評価出来ますね。

また、当物件のデザイン面での最大の特色となるのがエントランスの両サイドに設けられたファサードウォールでしょう。不透明ガラスと木調パネルが不規則に組み合わさった見た目にも美しいファサードウォールはそのエントランスラウンジの目隠し(道路からの)の役割も果たしており、一石二鳥の上手い設えと感じます。

前回のネベル浅草橋

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-2-11_20-18-37_No-00.png
お部屋は30㎡の1LDK、西向き中住戸です。低層階ですので視界抜けなどは望めませんが、接道しており、道路の向かいも低層の建物(少し先には高い建物がある)になりますので、圧迫感はなく、季節によっては南西方向からの日照も出てくるポジションになります。

間取りは物件内では最も小さなタイプで、前回の記事で書いた通り上層階はお隣の30㎡台と共に「63㎡の3LDKの一部」になってしまうので中層階以下にのみ存在するプランになります。

ギリギリ30㎡台に乗せたに過ぎない1LDKは、LDKで8畳、ベッドルームが3畳になるというギリギリの印象のあるもので、ここまで小さくするのであればやはりベッドルームの引き戸は完全に開け放つことの出来るものにして大き目ワンルームとしての利用も想定したものにすべきだったように思います。

柱の影響もありベッドルームには開口部がありませんし、柱のアウトフレームも含め設計面にもう少し力を入れて欲しかったですね。

坪単価は予定価格で約369万円。30㎡まで面積を絞ったわりには単価が抑えられた印象ではありますね。
ライオンズ浅草橋ミレスは確か20㎡台と50㎡台の組み合わせの平均坪単価約370万円で、20㎡台のみだと平均で400万円ぐらいの水準だったと記憶しているので、30㎡でこの単価ならばまずまずと言っていいように思います。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはないのは当然のところです。ただ、食洗機がついていないのは残念ですね。

一方、水回り天板はデュポン社製の質感の良い人造石、トイレはキャビネットタイプ、浴室照明はフラットラインLED(Dタイプ除く)、そして廊下床までのタイル貼と、デザインや高級感という意味では上々のものと言えます。

また、このシリーズならではで浴室テレビやマイクロバブルトルネード浴槽など水回りが充実しているのもポイントですね。

管理費は345円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、スケールメリットの得られない小規模ゆえに高めの水準です。

駐車場は1台のみで平置になります。

0 Comments



Post a comment