サンクレイドル湘南平塚Ⅴ【エリア内では珍しい全方位に住戸を設けた内廊下設計】4階69㎡3,998万円(坪単価192万円)

続けて、サンクレイドル湘南平塚Ⅴ。

設計は光和設計、施工は上滝です。

フェスタロード沿いの多くの道行く人の目に留まる物件ということもあり、エントランス周りの基壇部は質感の良い天然素材を使うなど「それなり」です。

ただ、フェスタロード沿いで前建までの距離が確保された東側ですら開口部が小さな設計で、外観的にも少々野暮ったい印象が拭えません。

間取り図をご覧いただくとお分かりのようにバルコニーが施された東側や西側は順梁(一見逆梁かと錯覚しますが、順梁です)ですので、ダイレクトサッシ部分は足元付近から梁下までの高さのあるサッシが可能なはずなのですが、高さのない小さなものになっています。

掃き出し窓でなければ足元付近からサッシとするケースは少なく、この物件は通り沿いでプライバシー面も考慮するという観点からは腰ほどの位置からの立ち上がりとなるのはおかしなことではないのですが、もう少し高さを出すこと自体に何ら障害はないはずで(コスト面以外)、外観的にも室内的(採光的)にもこの設計は残念に感じますね。

なお、全方位に住戸を設けた物件ということで内廊下設計が採用されており、当エリア(都心部などとは異なり内廊下物件が少ない)においては1つの特長になってくると思います。

前回のサンクレイドル湘南平塚Ⅴ

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-2-19_9-50-38_No-00.png
お部屋は69㎡の2LDK +S、北西角住戸です。北は10階建てのナイスアーバン湘南平塚が隣接、また、西側も隣接ビルの影響のあるポジションです。
ただ、隣接ビルは当階と同じぐらいの高さなので圧迫感がある感じではありません。

間取りは北東角よりは大きく70㎡近い大きさがあります。
エリア的なものもありファミリータイプとして違和感のない大きさが確保されたプランなのですが、そのように日照はほとんど期待出来ないポジションなので、前回の記事でも言及したように日照を重視するか否かで大きく評価の分かれるプランになるでしょうね。

なお、開口部は二次元的にはまずまず充実してはいるものの、上述のように三次元では物足りなさのあるものですし、LDの開口部が小さいのもやはり非常に残念に感じます。

一方で、柱のアウトフレームは頑張っている方なので効率性は高く、かつ、収納位置にも工夫があることで居室形状が良好な点には好感が持てますね。

坪単価は192万円。さらに低層階などには坪単価170万円台のお部屋もあり、物件平均としては先行するグローリオレジデンス湘南平塚と近似するものと思われます。

このプランは日照がほとんど期待できないノン南向きですので、エリア的なもの(都心部などとは異なりやはり南向きで日照を求める方の比率が高い)を考えるともうちょっと控えめな水準が望ましかったとは思いますね。

設備仕様面に関しては、このスケール・価格帯ですのでディスポーザーや水回りの天然石天板仕様はありません。
トイレ手洗いカウンターもありませんが、食洗機は付いています。

管理費は216円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下の小規模物件ですので悪くない水準だと思います。この水準に出来ているということは内廊下に冷暖房は付いていない(換気機能のみ)のだと思いますが…。

駐車場は全12台で、うち2台のみが平置、残りの10台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment