クレヴィア赤羽ステーションテラス【角住戸らしさには欠けるが、価格は現実的なほう】9階66㎡6,528万円(坪単価328万円)

クレヴィア赤羽ステーションテラス。

所在地:東京都北区赤羽2-372(地番)
交通:赤羽岩淵駅徒歩2分、赤羽駅徒歩8分
用途地域:商業地域、近隣商業地域
階建・総戸数:14階建、88戸(事業協力者住戸9戸含む)

同じ駅徒歩8分のシティハウス赤羽レジデンスのように駅からの道程の大半が商店街のアーケード経由となるようなポジションではないものの、赤羽岩淵駅が徒歩2分という駅近物件である点はまた違った魅力になるでしょう。

赤羽岩淵駅前は、近年分譲マンションがなかなか誕生しない赤羽駅界隈に比べそこそこ分譲がなされている感じになりますし、当物件のポジションは北は北本通り、南は13階建のパークホームズ赤羽というポジションで、ファミリータイプに関して言うと少々難しさを感じるのも確かです。

しかしながら、マンション価格高騰の影響もありルフォンリブレ赤羽はコンパクトプラン中心の設計で、赤羽駅界隈は「絶対的に新築ファミリータイプの供給が少ない状況」なので、当物件の36~66㎡のプランニング(南向きと北向きの構成で南向きに面積が大き目のものが多くなっている)は良いバランスなのではないでしょうか。

なお、赤羽駅界隈の利便性は言わずもがななのであえて言うほどのことはなく、また、通学区の赤羽小学校も徒歩5分の距離感になります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-3-16_21-35-49_No-00.png
お部屋は66㎡の3LDK、南西角住戸です。上述のように敷地南側道路のすぐ向かいには13階建のパークホームズ赤羽のあるポジションなのですが、南北に長い敷地形状の北側北本通り沿いに配棟することでパークホームズとの距離を離しています。そのため、南側は当物件の駐車場及び隣接地の青空駐車場で、この南西角住戸からの「南正面方向」はギリギリながらパークホームズがそれるぐらいの位置関係になっていますので、物件内では最も条件の良いポジションと言えると思います。中層階以上であれば冬至の時期でも日照が遮られることはないはずです。

間取りとしては、南東角よりはわずかに小さいものの物件内で最大級のプランになります。

最大級のものとは言えこの面積帯の3LDKだと何よりも効率性を高めることが重要になりますので廊下を一直線、西側(妻面)に洋室3室を並べたプランになるのはやむなしな印象ではあるものの、西側の開口部があまりに貧弱なのは残念ですね。

西側は中層階以上でかなり視界抜けが出てくるポジションですし、洋室3の西側にもしっかりとした窓を設けるなどすると(さらに言うと、洋室3はウォールドア設計にして、扉を開くことで二面採光の広々空間を実現するなどの取り組みがあっても良かった)、さらにこの地を活かした魅力あるものと出来ていたのではないでしょうか。

LDの南側開口部は一般的なサッシ2枚分でしかないですし、全体的に角住戸らしさが感じにくいものになっているのが非常に勿体ないと感じます。

坪単価は328万円。30~40㎡台は低層階でもこの水準以上の設定になっていることからもお分かりのように「グロス価格が嵩むなりの単価設定」にはなっています。

ルフォンリブレ赤羽の60㎡台(上層階にしかなかった)は坪単価350万円ほどの水準でしたので、パークホームズの影響があるとはいえ「欲張らず現実を見たお値段設定」になっている印象ではあるのかなと。

その前のシティハウス赤羽レジデンスはルフォンリブレよりもさらに欲張ったお値段でしたしね…(平均坪単価で言うとルフォンリブレもシティハウスも同じぐらいですが、ルフォンリブレは20~30㎡台中心の物件ですので平均坪単価が高く出て当たり前)。

※コロナショックについて(大きな影響を与える可能性の高い事象なので全ての記事に追記しています)
コロナショックは株価暴落による資産効果の剥落や消費者心理の悪化・収入減少などを通じて不動産市場にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなっています。したがって、今時期にマンション購入をするのはオススメ出来ないのですが、マンションに関しては2つとして同じものがないわけですし、株式市場のようにすぐさま価格に反映されるわけでもないので悩ましい思いをしている方は少なくないでしょう。仮に不動産相場(マンション価格)がかなり下がったとしても後悔しないぐらい気に入った物件か否かそういった点を判断基準にすると良いかもしれませんね。

0 Comments



Post a comment