アーバネックス日本橋水天宮【大半が40㎡ほどの2LDKというプランニング】6階40㎡231,000円(坪賃料18,869円)

アーバネックス日本橋水天宮。【賃貸版】になります。

所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-4
交通:水天宮前駅徒歩3分、人形町駅徒歩5分、茅場町駅徒歩6分
用途地域:商業地域
階建・総戸数:地上10階建、45戸
築年:2020年

「アーバネックス」は大阪都市ガス開発の賃貸マンションブランドで、基本的にはワンルームのイメージが強いのですが、この物件は「全戸40㎡台」という偏ったコンセプトになっているのが大きな特徴になります。

先日取り上げた近隣のズーム日本橋蛎殻町も同様に全戸40㎡台だったのですが、この界隈ならではの特殊な条例とかありましたっけ???
中央区のワンルームマンション規制条例自体は床面積換算で「マンション全体の3分の1以上40㎡以上」の住戸があれば問題ないので全てを40㎡以上にする必要はないのですが…。

立地は、水天宮前駅まで徒歩3分な上、新大橋通りや首都高などにも面していない比較的落ち着いたポジションである反面、敷地が接道しているのは北西面のみで、周囲の建物との関係もあり「全戸北西向き」となっているのでやはりコンパクトが無難だとは思います。ただ、45戸あって全戸40㎡台ともなるとスピーディーに借り手を見つけるのがなかなか大変でしょうね。

設計は畠山建築設計事務所、施工は住協建設です。

スケールの大きな物件ではないですし、外観・エントランス周り共に基本的にはシンプルな設えです。

ただ、以下のプランをご覧いただくとお分かりのように基本的にはハーフバルコニー設計で、外観はそのダイレクトサッシがわりと目立つものにはなっていますね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-4-13_20-6-13_No-00.png
お部屋は40㎡の2LDK、北角住戸です。北西側は道路の向かいの前建や新大橋通り沿いの背の高いマンションの存在感が強いポジションです。ただ、北東側は平地の駐車場ですし、北方向も比較的低層の建物が多くなっているので悪くはないでしょう。

ポイントは間取りですね。40㎡ながら「2LDK」が採用されており、当物件を取り上げた理由の1つが「狭小2LDK」になります。

40㎡の2LDKはプレシス西日暮里ライオンズ東京三ノ輪ミレスなど分譲マンションでも見かけるぐらいですし、近年の狭小下によりそこまで珍しいものではなくなってきているのですが、やっぱりちょっと取り上げたくなります。

当物件はその全戸40~41㎡の5プランのうち4プランが2LDKになっており(1プランだけ1LDK)、ほぼほぼ40㎡の2LDKとなっているというかなりのレアケースになるのです。

間取りとしては、LD単体で10畳確保出来ていますし、ベッドルーム2は引き戸なのでつなげれば一応は広々1LDKとして使うことが出来るのでバランス的に悪いものではないでしょう。

洗面所の入口がかなり玄関寄りなのは気になる点の1つではあるものの、玄関廊下をコンパクトな設計(クランクさせることでプライバシー面への配慮があるのも良い)としたことで効率性も比較的高いですね。

ベッドルーム2に収納がないあたりに40㎡の2LDKならではの苦しさを感じてはしまいますが…。

坪賃料は18,869円。先日のズームと大差のない水準でこのご時世として大きな違和感はないものの、「プランバリエーションが豊富とは言えない全戸40㎡台」ということで稼働率を高めるためにはもう少し賃料面で魅力を高める必要があるようには思いますね。

設備仕様面は、エアコン1台は付いていますが、それ以外は食洗機、トイレ手洗いカウンター、床暖房などのないシンプルな賃貸仕様になります。

駐車場は身障者用を含む2台で平置になります。

0 Comments



Post a comment