ザ・レジデンス東京駅前【「東京駅前」に嘘偽りなし】7階57㎡472,000円(坪賃料27,259円)

ザ・レジデンス東京駅前。【賃貸版】です。

所在地:東京都中央区日本橋3-2-15
交通:日本橋駅徒歩3分、東京駅徒歩4分
用途地域:商業地域
階建・総戸数:地上10階地下1階建、20戸
築年:2019年

昨年末に誕生していた物件なのですが小規模ということもあり最近知ったのですが、「東京駅前」というその名に嘘偽りのない驚きの東京駅徒歩4分物件になります。

丸の内側ではなく八重洲側であろうとも東京駅徒歩4分内のマンションは分譲はもちろん賃貸でも記憶にありません。
駅前のオークウッドプレミア東京はサービスパートメントなので長期で借りることも可能ではありますが、ちょっと次元とジャンルが違います…ね。

当物件のポジションは中央通りを越えない日本橋3丁目の中でも東京駅寄りに位置しており、本当に東京駅が目の前と感じるポジションです。
中央通りを越えるとファミール東京グランリッツと日本橋八重洲デュープレックスポーションという2つの分譲マンションがようやく出現してくるのですが、言うまでもなく東京駅徒歩10分内レベルでもマンションは限られていますね。

なお、ちょっと興味があったので調べてみたのですが住基台帳のデータによると今年5月時点での日本橋3丁目の世帯数は116で、そのファミールとデュープレックスの2物件合計で約180戸あるにもかかわらずかなり少ないですね。

土地柄、オフィス使い(SOHO)や地方在住者のセカンドハウス的な用途で使われている部屋が多く住民票ベースだとこのぐらいになるということなのでしょう。

設計・施工は熊谷組になります。

下層には店舗と事務所も入るとはいえ、この規模(延床面積で約1,400㎡)の物件で熊谷組が起用されているわけですが、それも外観を見れば納得でしょうね。

若干オフィスチックなところもなくはないのですが、ガラス面が非常に豊かな物件で、ガラスの形状もレジデンスらしいものになっているので、”住宅として風格”も十分にあります。

1階には店舗がありますし、エントランス周りにゆとりを感じることは出来ないものの、この類まれな地に恥じないしっかりとした物件という印象ですね。

参照ページ(R-net)
SnapCrab_NoName_2020-5-13_9-54-40_No-00.png
お部屋は57㎡の1LDK、南西角住戸です。この駅前立地ですのでいずれの方角も前建の影響があります。ただ、前建はいずれも当物件よりも低いぐらいの建物、かつ、両面とも接道してはいるのでこの7階住戸からは圧迫感はなく日照も得ることが可能です。

間取りとしては、57㎡ながら2LDKではなく1LDKというあたりがこの地らしいというかラグジュアリーな印象を与えてくれますね。

最大の特徴はやはり大きな開口部でしょう。この階だと周囲の建物からの視線は不可避ではあるものの、レースカーテンを閉めても採光面での魅力の高いお部屋だと思います。居室の開口部に加え、廊下にもかなりしっかりとした開口部が設けられており、照明をつけなくとも明るい廊下、明るい玄関が実現しているのも大きなポイントの1つになります。

坪賃料は27,259円。小規模なのでエントランスなどの共用面が充実しているわけではないですし、視界抜けや眺望が得られるわけでもないので25,000円ぐらいであって欲しかった印象ではあるのですが、この立地ならばやむなしといったところでしょうか…。

まぁ、純粋なレジデンスとしてここまでの賃料を出してあえてこの地に住もうと考える方は少ないと思いますが、地方在住者のセカンドやSOHO的な利用を考えればこの賃料でも大きな違和感はないでしょう。

ただ、こういった物件内で大き目のプランはグロス賃料帯のわりに以下のように設備面が貧弱なのは気になりますね。

設備仕様面は、小規模でコンパクト中心の物件なのでディスポーザーがないことに違和感はないでしょう。ただ、トイレ手洗いカウンターや床暖房すらないのは残念です。

0 Comments



Post a comment