ディアナコート三軒茶屋【スケールは一般的だが繊細かつ美しいデザイン】34㎡5,200万円台(予定)(坪単価約504万円)

続けて、ディアナコート三軒茶屋。

設計はSKM設計計画事務所、施工は本間組です。
担当は代取兼管理建築士でもある三宅氏(設立者であり代取でもあるのは著名な柴田氏)で、モリモトの物件だとアールブラン高津レジデンスの実績がありますね。

土地柄や周囲の建物との関係もあり、府中街道沿いにガラススクリーンが設けられていたアールブラン高津レジデンスほどインパクトのある(分かりやすい)外観ではないものの、ガラス面豊かな外観はやはりその流れを継ぐものですし、「ディアナコート」なだけあって外壁やエントランス周りの設えの繊細さはそれ以上のものです。

エントランス周りのライムストーン系の大判タイルはまさにディアナな一品ですし、エントランスホール正面に設けられたアーティスティックな白石のレリーフ、さらに外壁タイルに「織部ブランド」のタイルを用いるなど、その奥深さと柔らかさが漂う豊かな質感は見れば見るほど惹き込まれてしまうものです。

一方、エントランス周囲にゆとりを感じることはありませんし、エントランスホールが2層吹抜などになっていない点もモリモトの物件としては少々寂しい点にはなりますが、エントランス前に設けられたゲートを兼ねた斜めのキャノピーも存在感がありますし、モリモトの物件(小規模でもエントランス周りにゆとりがあることが少なくない)であることを抜きにすればスケール的にも違和感のない造りなのだとは思います。

ちなみに共用廊下は内廊下設計です。

前回のディアナコート三軒茶屋

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-5-28_21-3-2_No-00.png
お部屋は34㎡の1LDK、北西角住戸です。弦巻通りに面したポジションで、北西方向には当物件と同じような高さのマンションがありますが、西方向は長い間空き地になっているところで建物は立っていません。

間取りとしては、緑道沿いの南向き住戸は50㎡台以上で構成されているのに対し、こちら弦巻通り向きの西向き住戸は多くがこのような30㎡台でかなりコンパクトですね。

南向きも50㎡台がかなり多く、プラン的には「ピアース」の方がシックリくる感じです(※)。
※「ピアース」と「ディアナコート」は面積帯の違いによるものではなく、基本的には価格帯(つまりはグレード)の差が表れたものです。しかしながら、面積が大きいほど価格(グロス)が高くなるということもあり、「ディアナコート」は平均専有面積が大きな物件が多いですね。

前回の記事で書いたようにピアース三軒茶屋レジデンスが平均専有面積70㎡超というかなりしっかりとした面積帯だっただけに余計にちょっと残念な気持ちが生じてしまうところはあります。
住宅街なりの落ち着きもあるエリアですし、70~80㎡台のファミリータイプ中心のプランニングの方がシックリきますんで…。

そんなこんなで1LDKとしてもかなり小ぶりなプランなのですが、先ほどのプランとは異なり柱の食い込みが抑えられている点は悪くないでしょう。

玄関廊下もプライバシー面への配慮がありながらもコンパクト目なのは良いですし、面積帯なりにバランスの良さを感じることが出来ますね。

洗面所や浴室はもう一回り大きなものであって欲しかったとは思いますが…。

坪単価は約504万円(予定価格)。パークサイド・緑道サイドではない低層階ながら、面積が小さくグロスが嵩まないことが影響ししっかりとした単価設定になっています。

目黒区の好立地である反面、駅力や駅距離ではこちらに比べ劣るところのあるピアース目黒青葉台の同面積帯のお部屋と大差のない単価設定で、こちらは多少「ディアナコート」のブランド力が考慮されている印象ではあるでしょうか。

蛇崩川緑道沿いの周囲と比べやや低くなる土地に地階(容積対象外)にも住戸部分を設けてまで販売対象面積を増やしていることを考えるともう少し目に優しい水準であって欲しかったとは思いますが…。

設備仕様面は、前回の記事で書いたようにタイルが600角ではなく400角なのが残念ではあるものの、ピアース目黒青葉台にはなかったディスポーザーがあります(このスケールでディスポーザー付なのはやはりディアナならでは)。
むろん、食洗機とトイレ手洗いカウンターは付いていますし、ビルトインエアコンがないのも近年のディアナコートでは珍しいことではないので大きな違和感はないでしょう。

管理費は280円/㎡。小規模ながら内廊下、かつ、ディスポーザー付ですのでリーズナブルな水準です。この水準で内廊下に冷暖房が付いているのであれば非常に魅力的ですね。

駐車場は全7台で身障者用の平置1台を除いた6台が機械式になります。

※コロナショックについて(大きな影響を与える可能性の高い事象なので全ての記事に追記しています)
コロナショックは株価暴落による資産効果の剥落や消費者心理の悪化・収入減少などを通じて不動産市場にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなっています。したがって、今時期にマンション購入をするのはオススメ出来ないのですが、マンションに関しては2つとして同じものがないわけですし、株式市場のようにすぐさま価格に反映されるわけでもないので悩ましい思いをしている方は少なくないでしょう。仮に不動産相場(マンション価格)がかなり下がったとしても後悔しないぐらい気に入った物件か否かそういった点を判断基準にすると良いかもしれませんね。

0 Comments



Post a comment