ローレルタワールネ浜松町【結局、賃貸になってしまった低層階】5階36㎡225,000円(坪賃料20,882円)

ローレルタワールネ浜松町。【賃貸版】です。

所在地:東京都港区海岸2-5-1
交通:日の出駅徒歩1分、浜松町駅徒歩10分
用途地域:準工業地域
階建・総戸数:23階建、227戸
築年:2020年

分譲マンションですので青田売りが開始された2018年に取り上げております。ただ、今回は分譲賃貸などではなく"純粋な賃貸住戸"になります。
当物件は当初(青田売り開始時)分譲される予定だった「低層部分(※2~5階。一部角住戸は分譲)」が分譲対象外になってしまったという経緯があり、年初の物件完成と共に賃貸で出てきているので今回はそれを取り上げることとしました。
※詳細は分譲時の記事をご覧いただきたいのですが、当物件は”6階が7~23階にお住まいになる方向けの準エントランスフロア”になっており、2~5階お住まいの方は1階から2~5階行きの直通エレベーター、6~23階にお住まいの方は1階から6階の準エントランスフロア(ラウンジなどもある)を経由しての居住階という設計で、いずれも分譲予定であったにもかかわらず2~5階と6~23階でグレードを明確に分けていた物件になります。

そのように当初からコンパクトプラン中心の2~5階を別物件扱いのような珍しい設計がなされていたので"賃貸"という結果はむしろ既定路線な印象ではあるものの、立地的な面だけで言えばコンパクトニーズは十分にあった気はしますよね。

近隣では竹芝界隈の複数の大規模開発、さらに超大規模再開発となる芝浦一丁目計画も進んでいる港区ウォーターフロントで、曲がりなりにも駅徒歩1分、そしてJR浜松町駅が徒歩10分圏内になる点からしても投資としてのニーズは少なくなかったのかなと(むろん価格次第ですし、2~5階を低グレードとして"逆差別化"していなければの話)。

まぁ、第1期開始直前に東側に日立キャピタルによる倉庫の計画(9階建)があることが明らかになり、住戸によっては当物件の最大の売りである東方向のウォーターフロントビューの大部分が妨げられてしまう可能性が出てきたことで水を差された影響もあるのかもしれませんが、東向きの半分程度(北寄りの東向き住戸は正面方向は被らない)のお部屋は今も魅力的なウォーターフロントビューになりますし、開口部豊かな空間設計にも見所の少なくない物件であるのは確かでしょう。

前回までのローレルタワールネ浜松町(分譲)

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-6-1_20-9-40_No-00.png
お部屋は36㎡の1LDK、東向き中住戸です。倉庫が正面方向には被らない北寄りに位置した東向き住戸になるのでオーシャンビューが楽しめます。ただ、その手前にはゆりかもめの高架があり、高架よりも少し高いぐらいの位置になるのでゆりかもめが通過すると音的にも視線的にも結構気になってしまうポジションかもしれません。

間取りはこの面積帯としては珍しいほどのワイドスパンなプランになります。6階以上のお部屋には必ずダイレクトサッシ部分があるのですが、2~5階(角住戸除く)はフルバルコニー設計で、低層階ゆえの周囲からの視線などにも配慮した設計になっているようです(基本ガラス手摺ではありますが…)。

なお、やや小ぶりな面積帯の1LDKながらワイドスパンで奥行(玄関からバルコニーまでの距離)を短く出来ているがゆえに廊下をコンパクトに出来たプランであり、専有面積以上の使い勝手があるでしょう。

居室畳数は面積帯並の印象ですが、収納面がかなり充実している点、6階以上の分譲住戸同様に廊下までがタイル貼になっている点なども特長になるでしょうね。

坪賃料は20,882円。ウォーターフロントビューではあるものの、そのようにゆりかもめの高架の影響を受ける高さですし、かなり強気な印象を受けますね。

2~5階にもしっかりと各階ゴミ置場がありますし、コンシェルジュサービスもあるのは魅力的な点ではありますが…。

0 Comments



Post a comment