クリオ横濱元町通り【首都高沿いでもこの単価】6階54㎡6,794万円(坪単価414万円)

続けて、クリオ横濱元町通り。

設計はスタイレックス、施工は大勝です。

デザインは一言で言うと元町ショッピングストリートの雰囲気"そのまま"という感じですね。元町通り沿いはジュエリーショップやアパレル系が多く、そのようなお店の雰囲気とも共通するところがあります。
ベースカラーを白とし、要所要所に質感豊かなタイルや石材を用いることで上品さと高級感を両立させた佇まいですね。

1階部分には従前この地にあったアパレルのOHARAが事業協力者店舗として入居することとの兼ね合いも少なからずあるでしょう。

なお、元町通り沿いはショッピングストリートですし、そのOHARAの店舗になりますので、マンションエントランスは北側元町川岸通沿い(首都高及び中村川沿い)になります。
店舗スペースとの兼ね合いもあり1階エントランス周辺部はこじんまりとしてはいるものの、外観よりもシックなトーンを採用していることでさらに高級感がありますし、共用廊下が内廊下になっている点も評価出来る点でしょう。

また、1階東面(妻面)には壁面緑化が施されているのも1つのポイントです。

前回のクリオ横濱元町通り

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-6-12_9-28-31_No-00.png
お部屋は54㎡の2LDK、北東角住戸です。上層階ではあるものの、北側は首都高の高架が当住戸に近い高さまであり視界抜けが得られる感じではありませんし、音的にも気になるところではあるでしょうね。また、東側も元町通り沿いそう遠くないところにやはり当住戸ぐらいの高さの建物がありますね。

間取りはなかなか特徴があります。
申し分のないワイドスパンで、キッチンにも窓のあるLDKは気持ちの良いものになるでしょう。

ただ、ベッドルーム2室に加え洗面所も思い切りリビングインとなっている点はどうでしょうか。
先ほどのような100㎡超のプレミアム住戸ではないとは言え、この位置の洗面所ならば廊下側(玄関側)から入る形に出来たと思うんですけどもね…。トイレの扉との緩衝なども考慮しての結果なのでしょうか…。

55㎡に満たない2LDKなのでやや小ぶりではあるものの、廊下を限界まで短くしたプランなので効率性は高く、収納がそこそこ充実している点は悪くないでしょう。
なお、この位置のベッドルーム2ならば引き戸はもっと大きく開け放てるタイプの方が良かったとは思いますね。

坪単価は414万円。主開口部が南向きと北向きという違いはあるものの、平均的なファミリータイププランである70㎡台のお部屋の中層階は400万円台中盤の設定になっており、コンパクト目のプランだから単価が高めなどといったことはありません(一般的な立地の物件ではそのようになるのが通例ですが、当物件のポジションはやはりスペシャルなものですので少々のグロスの嵩みは障害にはなりづらいとデベロッパーが判断した結果でしょう)。

ただ、それでも坪単価400万円超であり、首都高沿いの北を主開口部としたお部屋ということを考えると少々強めの印象は拭えないでしょうね。これまで述べているようにオンリーワン的な立地の物件ではあるのでいくらが妥当かを論じるのは非常に難しいところではあるのですが…。

管理費は240円/㎡。内廊下ですがディスポーザーがないということもあってか小ぶりな物件にしてはリーズナブルな水準です。
管理費は物件価格に比して高くなる傾向があるものですし、物件価格からしてもかなり頑張っている方と感じます。この水準で内廊下に冷暖房機能が備わっているようであれば素晴らしいですね。

駐車場は全11台(事業協力者店舗用1台含む)で建物内の機械式となります。

◎コロナショックについて(大きな影響を与える可能性の高い事象なので全ての記事に追記しています)
コロナショックは株価暴落による資産効果の剥落や消費者心理の悪化・収入減少などを通じて不動産市場にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなっています。したがって、今時期にマンション購入をするのはオススメ出来ないのですが、マンションに関しては2つとして同じものがないわけですし、株式市場のようにすぐさま価格に反映されるわけでもないので悩ましい思いをしている方は少なくないでしょう。仮に不動産相場(マンション価格)がかなり下がったとしても後悔しないぐらい気に入った物件か否かそういった点を判断基準にすると良いかもしれませんね。

0 Comments



Post a comment