ザ・パークハウス鎌倉【まさに、鎌倉】4階146㎡25,000万円(坪単価565万円)

ザ・パークハウス鎌倉。

所在地:神奈川県鎌倉市小町2-351(地番)
交通:鎌倉駅徒歩4分
用途地域:商業地域、第一種中高層住居専用地域
階建・総戸数:地上5階地下1階建、23戸(事業協力者住戸5戸含む。他店舗1戸)

年初に「2020年ちょっと気になるマンション」で名前を挙げたこちらの物件がいよいよ分譲開始されます。

若宮大路の段葛沿い、鳥居が目の前の駅徒歩4分という「まさに、鎌倉(※ホームページで用いられているキャッチフレーズ)」なポジションで、”相場がいくところまでいったと感じる今時期に分譲されるだけのことはある”特別な物件です。

近年は大手デベロッパーが新築マンションの供給を絞り(賃貸マンションにするケースはもちろんのこと、住友不動産などは一棟売り(売却)してしまうケースも増えています)、なんとか今の相場を保とうとする姿勢が強くなっているので、今後の市況は非常に読みづらいところではあるものの、この鎌倉駅では前回のプチバブルの最終段階2007年にエリアを代表する分譲マンションと言っても過言ではないブリリア鎌倉御成町(平均専有面積120㎡超×平均坪単価約490万円)が誕生しており、これも”いつか来た道”なのかとちょっと不安になってしまう気持ちがないと言えば嘘になる今日この頃です。

立地に関しては、そのように若宮大路沿いで、同じ若宮大路沿いに2013年に分譲されたザ・パークハウス鎌倉若宮大路(駅徒歩12分)のような由比ガ浜側ではなく、鶴岡八幡宮への参道になるところなので賑やかなのは間違いありません。

しかしながら、その鶴岡八幡宮の参道沿いゆえに道路中央に段葛が施された美しい桜並木も望めるわけで、この段葛沿いのポジションに分譲マンションが誕生するのももちろん初めてのことになります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2020-8-18_9-17-42_No-00.png
お部屋は146㎡の3LDK、南東角住戸です。南側・東側共に高い建物でも3階建程度になっており、日照・視界良好なポジションです。
段葛は敷地西側になりますのでこの南東角からはその喧騒の影響が少ないという点も魅力でしょうか(桜並木は望みづらくはなります)。

間取りは146㎡というとても大きなものです。ただ、当物件は大半が100㎡超・最大199㎡という突き抜けたプランニングが採用されており、この面積でもとりわけ大きなものではないということ自体が当物件の凄いところとも言えるでしょう(このプランは「プレミアム住戸」という位置づけではあるがプレミアム住戸の中では小さな方になります)。

プランはこれだけの面積のあるものなので随所が充実しており、不足している点も特にないのですが、こういった超高額物件でポイントになるのはやはりPP分離に他ならず、その点に関してはやや中途半端な印象ではありますね。

トイレは見ての通り”プライベート”と”パブリック”の2つがしっかりと設けられているのですが、そもそもの玄関位置が端に寄り過ぎていて、玄関を挟んで右(北)がプライベート、左(南)がパブリックのような形で分離出来ていないのです。

洗面浴室もしかりですし、主寝室に関しては”プランの中央”とも言うべきところからのアクセスですからね。

まぁ、このあたりはどのようなお住まいを求めているか、どういったライフスタイルか、によるのは言うまでもないですし、そのように当物件はこういった大きな面積帯のお部屋がたくさんあるのでご自身のスタイルにあったプランを選べばよいのだとは思いますが…。

なお、洋室3の手前の廊下にあるMRは新エアロテックの床置室内機スペースになります(エアロテックについては次の記事で述べます)。

坪単価は565万円。下階の一般住戸は坪単価約350万円〜、一方で最高単価は坪単価660万円ほどと結構な単価差が設けられた物件になります。

上述のように前回のプチバブル後期に分譲されたブリリア鎌倉御成町は平均坪単価約490万円という水準でしたので、ざっくり言うとそれに近似(気持ち上ですかね)した水準ということになるでしょうか。

前回のプチバブル期の水準はとうに超えているのが今の相場ですのでこういった水準になることに違和感はなく、実際第1期では事業協力者住戸5戸を除いた18戸が一括での分譲になるようです。この立派な価格帯でもこの地にはお金に糸目を付けないニーズがあることは明白でしょうね。

◎コロナショックについて(大きな影響を与える可能性の高い事象なので全ての記事に追記しています)
コロナショックは株価暴落による資産効果の剥落や消費者心理の悪化・収入減少などを通じて不動産市場にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなっています。したがって、今時期にマンション購入をするのはオススメ出来ないのですが、マンションに関しては2つとして同じものがないわけですし、株式市場のようにすぐさま価格に反映されるわけでもないので悩ましい思いをしている方は少なくないでしょう。仮に不動産相場(マンション価格)がかなり下がったとしても後悔しないぐらい気に入った物件か否かそういった点を判断基準にすると良いかもしれませんね。

0 Comments



Post a comment