エクセレントシティ古淵Ⅱディアフロント【16号交差点付近ならではの高買物利便】2階63㎡4,498万円(坪単価235万円)

エクセレントシティ古淵Ⅱディアフロント。

所在地:神奈川県相模原市南区西大沼1-3465-8(地番)
交通:古淵駅徒歩7分
用途地域:準住居地域、第一種住居地域
階建・総戸数:4階建、30戸

ちょうど1年ぐらい前より分譲中のエクセレントシティ古淵駅前(Ⅰ)に次ぐ新日本建設のエクセレントシティになります。

Ⅰの際に言及したように古淵駅は過去10年間ほど遡ってもプレシス古淵1件しか分譲されていないはずで、当物件のホームページにもあるように当物件はファミリータイプ中心のマンションはそのプレシス以来になるようですね。
※Ⅰは駅徒歩3分の駅前ということもあり上層階に70㎡台があったものの、中低層階は30㎡台というプランニングだったため除いているようです。Ⅰは古淵では久々の分譲マンションだったこともあってか3LDKは早いうちに売れ、現状は30㎡台のみが残っている状況です。

こちらは敷地北東面が16号に面したポジションですので賑やかさはあるものの、そのⅠの記事で言及したように古淵駅というのは駅前よりも16号沿いの方が買物面においては優位性があり、中でも当物件のポジションは交差点(古淵駅入口)至近ですので、16号の向かいのイトーヨーカドーに加えイオン、メガドン・キホーテ、島忠ホームズという4つの大型商業施設が徒歩2~5分という”買物天国”な立地になります。

「16号が近いけれども隣接はしておらず、駅からの道程において16号を越えない」というのがこのエリアで最も魅力的なポジションではあるのでしょうが、16号の交差点は対角線上の陸橋になっているので信号待ちが不要でどこに行くのも便利な駅徒歩7分ですし、交通・買物利便においては非常に高いレベルにあるマンションと言えるでしょうね。

なお、通学区は大野台小学校で徒歩8分の距離感になります。

公式ホームページ
2020083119151197c.jpeg
お部屋は63㎡の3LDK、北東角住戸です。北側は16号なので抜けはありはするものの、かなり賑やかなのは言うまでもなく、東側も2階建の建物が隣接しているので芳しい条件とは言えません。
※開口部が全て二重サッシになっているので窓を閉めている限りは影響は小さいでしょう。

間取りはそのように16号沿いで、なおかつ日照時間もかなり短いことが影響してかファミリータイプとしては随分と小ぶりですね。
当物件はⅠとは異なり”ファミリータイプ中心”ではあるものの、Ⅰの上層階にあった70㎡台はなく、少なからず”Ⅰとのバランス”を図ったプランニングという印象を受けます。

ただ、一方で角住戸にしては玄関廊下がコンパクトに出来ていますし(北側の一部を凸にしたのが効いている)、柱の食い込みがほとんどない点にも好感が持てますね。

収納もまずまず、LDは単体で10畳超、浴室も1418と63㎡の3LDKにしては各所にしっかりとしたスペースが確保出来ていると感じます。洋室3の引き戸を開け放つことで広々2LDKとして使える柔軟性も魅力の1つでしょう。

坪単価は235万円。Ⅰの上層階70㎡台を上回る水準であり、そのような高い買物利便性はあれど16号沿いの賑やかな立地(まして当プランはモロに16号沿い)であることや日照がほとんど得られないことを考えると単純計算での単価差以上に価格上げてきたと感じます。

上述のようにⅠの70㎡台は早いうちに売れましたし、当物件のファミリータイプは60㎡台中盤とひと回り小さくしたことでⅠよりもグロス価格を抑えて単価を伸ばす戦略なのでしょうが(これ自体は非常によくあることで別に非難するような意図はありません)、少々強気な印象ではありますね。

◎コロナショックについて(大きな影響を与える可能性の高い事象なので全ての記事に追記しています)
コロナショックは株価暴落による資産効果の剥落や消費者心理の悪化・収入減少などを通じて不動産市場にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなっています。したがって、今時期にマンション購入をするのはオススメ出来ないのですが、マンションに関しては2つとして同じものがないわけですし、株式市場のようにすぐさま価格に反映されるわけでもないので悩ましい思いをしている方は少なくないでしょう。仮に不動産相場(マンション価格)がかなり下がったとしても後悔しないぐらい気に入った物件か否かそういった点を判断基準にすると良いかもしれませんね。

0 Comments



Post a comment