パークホームズ浦和仲町二丁目【スケール・価格帯以上の豊かなエントランス】56㎡4,788万円(坪単価282万円)

続けて、パークホームズ浦和仲町二丁目。

設計・施工は不二建設、デザイン監修はフューチャリティになります。

最近はリビオ(日鉄興和不動産)で頻繁に起用されているフューチャリティですが、リビオで起用される以前、三井のタワマンブランドの最高峰パークコートの1つパークコート浜離宮ザ・タワーで起用されていたのが未だに記憶に残っており、この物件のデザインはそれ以来の「三井×フューチャリティ」と感じるだけの出来ですね。

裏門通りと坂下通りに面した敷地(角地ではないが、それ以外に敷地北東部も私道に面しています)を活かした歩車分離設計がデザイン面にも生きていると感じさせてくれる物件で、特に裏門通り沿いに設けられたクランクインエントランス周りの設えが素敵です。

敷地面積1,200㎡そこそこの総戸数70戸という数字からは想像しにくい”ゆとり”と”重厚さ”があり、両サイドに施される”緑の厚み”も凄いですね。
石積みのデザインも素敵ですし、同様に趣豊かなデザインとなった風除室やエントランスホールから眺める外部空間の借景も◎です。

外観(基壇部を除いての意味合い)は吹き付けも見られますし高級感があるとは言えないものの、前回取り上げた南東角住戸の南面(妻面)のダイレクトサッシ(足元付近から梁下まで)による開口部の充実が外観にも良い影響を与えてくれています(一般的なケースでは妻面は腰高窓になることが多い)。

前回のパークホームズ浦和仲町二丁目

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2021-11-29_17-37-42_No-00.png
お部屋は56㎡の2LDK、東向き中住戸です。南東角住戸の北隣に位置した中住戸で、東側は戸建やコイン-パーキングになります。低層階なので視界抜けは得られないものの、南東方向からの日照も得られるポジションです。

間取りは物件内唯一の2LDKで、2LDKとしてはごくごく一般的な50㎡台中盤のものになります。

北西部がエレベーターによりえぐられたよくある形状の2LDKなのですが、先ほどのプランなどとは違い共用廊下側の柱がきれいにアウトフレーム化されていますし、玄関が窪んだ位置にあることで玄関前にしっかりとしたアルコーブ空間を用意出来ているあたりは特筆すべき点になるでしょう。

中住戸ながらLD側の開口部だけでサッシ3枚分を確保した幅広の連窓サッシも素晴らしいですし、ウォールドアを開け放つことでの開放感はかなりのものでしょうね。

一般的な田の字に比べスパンが気持ち短めなためかオープンキッチンがLD方向を向いていないのはちょっと残念ではありますが…。

坪単価は282万円。そのように柱の影響のないきれいな設計ですし、低層階とは言えこのご時世としては現実的なのだと思います。
低層階なので視界抜けが得られず将来的なドミノリスクが伴いますが、逆に言うと上層階でもドミノリスクが伴うのがこのエリアですので…。

設備仕様面は、大半がファミリータイプ(3LDK以上)の総戸数70戸のスケールがありながらディスポーザーがないのは残念です。
食洗機とトイレ手洗いカウンターは付いています。

管理費は227円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下で、そのようにそれなりにスケールもありますのでやや割高には感じますね。

駐車場は全18台で、内訳は平置12台、機械式6台になります。

0 Comments



Post a comment