アンベリール本厚木【ワイドスパンではあるが…】2階43㎡2,690万円(坪単価207万円)

アンベリール本厚木。

所在地:神奈川県厚木市東町1-21
交通:本厚木駅徒歩8分、厚木駅徒歩13分
用途地域:商業地域
階建・総戸数:10階建、27戸(うち非分譲住戸2戸。他店舗※従前からこの地にあった薬局)

グランファーレ本厚木レジェンドスクエア同様に藤沢厚木道路沿いに位置した物件で、こちらはより相模川寄りのポジションになります。

その分、駅距離は遠くなりますが、相模川を越えた先の厚木駅も徒歩圏にはなるため相模線も使いたい方には多少のメリットにはなるでしょう。

駅までの道程の半分程度をあつぎロードギャラリー(地下道)経由に出来るポジションなので荒天時のメリットもありますし、駅前への市役所移転(2025年予定)などもこちら側のエリアにとってはプラス材料になるはずです。

また、買物関係で言うと、イオンとアミューが徒歩5分ですので魅力的でしょう。

設計は企画設計研究所、施工は守谷商会で昨夏竣工済の完成売りになります。

敷地面積340㎡ほど、40~50㎡台のみの総戸数27戸という数字からお分かりのようにかなり小さな物件で、エントランス周り及び共用面等で特筆すべきところはありません。

ただ、外観はバルコニーの中ほどに施された黄色のマリオンが特徴的、さらに、東西に長い敷地形状ゆえの全戸ワイドスパン設計に出来ているあたりも興味深い点になるでしょう。

ちなみに、売主は「セルアージュ」などで知られる日本セルバン、事業主は日本物産とビー・フロンティアという組み合わせになります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2022-1-11_21-41-3_No-00.png
お部屋は43㎡の2LDK、南西角住戸です。西側に開口部はありませんが、位置的には南西角となるお部屋で、南側は藤沢厚木道路の向かいに3階建程度の低層建物という感じですので低層階でも圧迫感はありません。上層階ならば南東方向に相模川の流れも望めるでしょう。

間取りはそのように東西に長い敷地を活かしたワイドスパンタイプになります。

ただ、ワイドスパンとは言えども開口部はごくごく一般的なレベルでしかなく、せめてキッチン側にも開口部が欲しかったですね。
敷地形状の影響で、共用廊下側が”斜め”になっており、一見玄関周りにゆとりがあるようにも見えるのですが、玄関自体は共用廊下に近いところにあるので、ドアを開けると共用廊下の通行を邪魔してしまいますし、もうひと工夫欲しかった印象にはなるでしょうか。

LDKで10畳超を確保しており、43㎡の狭小2LDKであることを考えれば居室畳数はまずまずなのですが、柱の食い込みは目立ちますし(食い込んだ部分は畳数にカウントされています)、収納少な目、浴室1116という点からしても効率的とは言えないでしょうね。

坪単価は207万円。上層階は250万円超もあり、上下の単価差はわりとしっかりとしています。

近年の本厚木駅の分譲マンションで、コンパクト目のもので言うと、そのグランファーレ本厚木レジェンドスクエア(駅徒歩6分/平均坪単価約210万円)、ネベル本厚木(駅徒歩5分/平均坪単価約270万円)、プレシス本厚木セントル(駅徒歩5分/平均坪単価約215万円)といった感じで、最も平均面積が小さかったとはいえ坪単価300万円超まであったネベルが突出した水準になっています。

こちらは流石にネベルよりは安くはあるのですが、最も駅から遠いわけですし、それらが未だ分譲中であることからしてももう少し全体的に抑えられているのが相応だったように思います。

設備仕様面は、小規模、かつ、コンパクト中心の物件のためディスポーザーがないのは当然でしょう。ただ、トイレ手洗いカウンターどころか食洗機や床暖房もないのは残念ですね。

管理費は310円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、かなりの小規模物件であることが影響し高いですね。
40~50㎡台ともなると管理費だけで月15,000円前後になってしまいます…。

駐車場は平置2台になります。

0 Comments



Post a comment