クレストレジデンス川崎神明町【さいわい緑道沿い、西友隣接】4階70㎡7,238万円(坪単価341万円)

クレストレジデンス川崎神明町。

所在地:神奈川県川崎市幸区神明町2-79-1(地番)
交通:矢向駅徒歩8分、尻手駅徒歩9分、川崎駅徒歩16分、京急川崎駅徒歩20分
用途地域:第二種住居地域
階建・総戸数:7階建、90戸

味の素神明寮跡地に誕生する物件で、敷地面積2,800㎡超のスケール感があります。

アデニウム川崎やガーラレジデンス川崎プロムナード同様に北西側がさいわい緑道に面しているあたりも特徴になるでしょう。

川崎駅方面からは第二京浜を越えた先のポジションにはなりますが、矢向・尻手駅ならば徒歩10分圏内になりますし、南西側隣接地に西友があることで駅距離以上の利便性、また、近隣に大きな南河原公園もある環境面もまずまずです。

スーパー便はその西友(24時間営業)の徒歩2分に加え、徒歩4分にまいばす、徒歩8分にサミット、徒歩9分に食品館あおばまであるので潰しも効いていますし、川崎駅西口のラゾーナも徒歩14分(自転車5分)になるあたりも便利ですね。

なお、通学区は戸手小学校で徒歩10分の距離感になります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2022-9-27_10-53-45_No-00.png
お部屋は70㎡の3LDK、南角住戸です。敷地南端コーナー部に位置したお部屋で、道路の向かい南東に南武学校給食センター、南西に西友(及び2~3階建の低層建物)というポジションで、この階だと日照はもちろんのこと視界抜けも出てきますね。

間取りはそのような良好なポジションが考慮され物件内では大きなものになります。
それでも70㎡に過ぎないのでこのご時世なりに面積を絞った印象にはなるものの、玄関廊下を一直線にした田の字タイプの角住戸なので効率性という点では悪くないでしょう。7階建の低めの物件になるので柱も細いです(柱の食い込みの影響は小さいです)。

LDは角住戸らしく二面採光ですし、南西面の主開口部の幅がサッシ2枚半程度確保出来ているあたりにも好感が持てますね。

一方、LDはけしてゆとりある大きさではありませんので、リビングインの洋室の引き戸はウォールドアなどのようなもっときれいに開け放てるタイプになっていると良かったようには思いますね。

坪単価は341万円。次に取り上げる東角住戸も同様の水準ですし、ルーバル付の角住戸には370万円程度のものもあるなど思っていたよりもしっかりとした価格設定です。平均でも330~340万円程度になるのではないでしょうか。
お隣のガーラレジデンス川崎プロムナード(2017年分譲/約235万円)から5年の月日が経過しているとはいえ、1.5倍程度の水準というのは腑に落ちませんし、川崎駅を徒歩圏と言うには苦しい立地ですのでここまでとは思わなかったですね。

直近の川崎駅徒歩圏ではオープンレジデンシア川崎(2022年分譲中/駅徒歩6分/約395万円)、クリオレジダンス川崎南幸町(2022年分譲中/駅徒歩11分/平均で400万円程度?)が分譲されており、そことの比較ではそんなに違和感はないのかもしれませんが、クリオレジダンスは徒歩10分超にしてはやや強めに感じましたし、徒歩11分(徒歩圏)と徒歩16分(徒歩圏とは言い難い)とでは価格差が大きくて当然ですからね。

クレストプライムレジデンスの直近で言うと、プロムナード七番街(矢向駅徒歩8分)が分譲中で、当初より値上げしてもまだ300万円弱が中心ですので、やはりこちらの方が強めの印象になるでしょう。

ちなみに、こちらは昨年行われた川崎市民優先分譲のお部屋なのですが、現在分譲中の一般(第1期)で言うと2階がこちらとほぼ同じ(むしろ2階の方が気持ち高い)になっているのですね…。

0 Comments



Post a comment