レーベン府中若松町DUASS【際立つ外観と豊かなアプローチ】54㎡3,923万円(坪単価242万円)

続けて、レーベン府中若松町DUASS。

設計はカミムラ建築研究室、施工はライト工業、そしてデザイン監修はウイ・アンド・エフヴィジョンです。

近年のウイ・アンド・エフヴィジョンはこのレーベン及び明和地所のクリオで見かけることが非常に多く、どちらにおいてもシックで高級感を覚えるデザインが特徴的です。

レーベンはクリオに比べこういった郊外寄りのエリアで見かけることが多く、”けして単価帯の高いエリアではないながらも上手に高級感を演出している”印象になるでしょうか。

ここも外観・エントランス共に非常に力を入れており、外観に関しては石調のタイルの用い方が特徴的ですね。上下方向を貫くマリオンの周りだけでなく、バルコニー床の側面にも石調素材を貼ったことで、抜け目ない重厚さがあります。

また、バルコニーガラス手摺は不規則な2パターンを用いており、遠目から見てもとても存在感のある物件に仕上がっているように思います。

さらに、エントランス周りも外観に負けず劣らず力を入れており、やはり質感豊かな石目に特徴のある素材をふんだんに用いているためかなりのインパクトがありますね。

エントランスアプローチ~エントランスホール内部に至るまでの床・壁にそれぞれ異なる石系素材を用いており、上述のようにデザインに力を入れる傾向のあるレーベンシリーズの中でも拘りを感じるものです。

敷地面積1,700㎡超に対し、建築面積は600㎡ちょっとでしかないため空地にもゆとりを感じることの出来る物件で、ゆとりあるクランクインのエントランスアプローチに加え、エントランスホール(ラウンジ)から望めるポジションに植栽豊かな窓先空地が広がっているあたりも気持ちが良いでしょう。

ラウンジスペースはテーブル・ソファが1セットという感じで、同じくらいのスケールだったレーベン八王子マークゲートのようなゆとりあるラウンジスペースがないのは残念なのですが、あちらがスケール以上にゆとりがあっただけでこちらの方が一般的ではありますかね。コロナ禍以降のトレンドを考えるとリモートワークなどに対応できるちょっとしたスペースがあると良かったようには思いますけれども…。

前回のレーベン府中若松町DUASS

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2022-10-17_16-56-45_No-00.png
お部屋は54㎡の2LDK、西向き住戸です。ポジション的には南西角位置になるのですが、南側にはエキスパンションジョイントで連結された南向きの棟がある関係上、南側に開口部は設けられていません。

ただ、西側は細い道路の向かいが釣り具屋さんの大きな青空駐車場になっているため、視界抜けが得られる良好なポジションになります。そのように西向きの棟の中では南端に位置しているため甲州街道の影響も受けにくいでしょう。

間取りは物件内で最も小さなものですが、2LDKとしてはごくごく一般的な大きさになります。

特徴としては、LDKよりもベッドルーム重視という点が挙げられますね。
このぐらいの専有面積の2LDKであればLDは10畳近いことが多いですし、キッチンも3畳以上あるのが一般的ですが、こちらは「LDKで11畳」しかありません。反面、ベッドルームは6畳・5.2畳としっかりしている方ですし、収納もやや多い印象になるでしょうか。

一方で、ベッドルーム2の引き戸の開きが随分と中途半端なのは残念ですし(引き戸であれば扉3枚以上のケースが一般的です。扉1枚として独立性を高めることもありますが、扉2枚というのはあまり見ないですね…)、パイプスペースによる面積消費が目立つあたりも気になる点です。

坪単価は242万円。低層階はおよそ220万円という水準で、そこそこの差があります。低層階でも日照良好な南向き中住戸(60㎡台)と大差ない設定なので(むしろ少し高いぐらい)、グロスが嵩まないなりにやや強めの印象にはなりますが、前回の記事で述べたように物件自体が現実的なお値段設定になっていると思いますし違和感はありません。

設備仕様面は、総戸数65戸とけして大きな物件ではありませんが、ディスポーザーが付いています。
水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターはないものの、食洗機に加え、たからの水、マイクロバブル浴槽、ミラブルシャワー、さらに浴室テレビといった感じでレーベンならではの充実した浴室設備が特長となります。

管理費は248円/㎡。外廊下ですが、一般的なスケールながらディスポーザーを導入した上での水準ですので悪くないでしょう。

駐車場は全47台で身障者用の1台を除いた46台が機械式になります(うち1台は非分譲住戸用)。設置率は約72%で、エリアなりに高めですね。

0 Comments



Post a comment