レ・ジェイドシティ橋本Ⅰ【26年ぶりの南口徒歩5分内×リニア新駅開発エリア至近】6階65㎡6,990万円(坪単価353万円)

レ・ジェイドシティ橋本Ⅰ。

所在地:神奈川県相模原市緑区橋本2-353-2他(地番)
交通:橋本駅徒歩4分(京王。JRは徒歩5分)
用途地域:第二種住居地域
階建・総戸数:8階建、69戸

リニア開通予定(2027年は無理そう)で盛り上がる橋本駅徒歩5分圏内に誕生する物件で、道路を挟んで隣接するⅡ・Ⅲを合わせると総戸数230戸超(69+87+80)が予定されています。

近年分譲されたミオカステーロ橋本ソルティア橋本なども駅にほど近いなかなかの好立地という印象でしたが、こちらは橋本駅の南西側に位置し、そのリニア橋本駅周りの再開発エリアが至近となる上、隣接する3物件によるスケール感のある開発ということで街並み(※)という点での魅力も窺えますね。南口徒歩5分内の分譲は実に約26年ぶりのことになります。
※現状ランドプランが明らかになっているのはⅠ・Ⅱのみですが、Ⅰ・Ⅱの敷地東側は道路を挟み連続する緑のプロムナードが施され、近隣の景観に与える影響は小さくないでしょう。

ここから少し北に向かったところでは東急不動産他4社による29階建タワマンがついに着工されましたし、もともと橋本駅周りにはB’sタワーやザ・ハシモトタワーなどがあり、今後(リニア開業前後)も大規模な開発が続く中でとりわけ目立つ存在にはならないとは思いますが、タワマンなどではなく、リニア開業までまだ時間がかかる(色々と不透明性も高い状況)がゆえに価格もそこまで目立つものとはなっていないという点ではとっつきやすさのある物件と言えるでしょう。

買物便は、そのようにリニア駅周りがまだまだ荒野状態ではありますので北口側がメインで、イオンが徒歩9分、ミウィが徒歩10分、また、ここからだとアリオも徒歩10分ということで、現状は駅徒歩分数ほどの利便性にはありません。

ただ、将来的には大きく変わるのは間違いありませんし、駅とは反対の西方向にオーケー、コジマ×ビックカメラの入るラ・フロールが徒歩6分、コーナンが徒歩11分にあるあたりも魅力の1つになるでしょう。

なお、通学区は、橋本小学校で徒歩14分の距離感になります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-3-27_9-50-57_No-00.png
お部屋は65㎡の2LDK、南西角住戸です。南側は道路を挟んで同8階建の「Ⅱ」がありますので視界抜けは望めませんが、Ⅱの建物の手前にはⅠ及びⅡの歩道状空地及びⅡの機械式駐車場を挟んでいますので離隔はしっかりとしています。また、西側は2~3階建の低層住宅街になりますので、眺望も望めますね。

間取りは1戸だけある70㎡台の次に大きなタイプになります。Ⅱは50~80㎡台の構成で多くが3LDK以上になりますが、こちらⅠは30~50㎡台が大半を占めており、3LDK以上はありません。ⅠとⅡは同時分譲となることもありきれいに棲み分けを図った形ですね。

ただ、こちらは60㎡台中盤の2LDKということで、2LDKとしては意外なほど大きなものになります。
この専有部形状では3LDKが難しいのは分かりますけど、敷地の小さな物件ではないので3LDKに対応した専有部形状は十分に可能だったでしょうし、基本を3LDKとし、メニュープランなどで2LDKにも対応するのが定番であり、無難だったようにも思います。

当プランはLD内南西部にカウンター付の半個室を設けており、リモートワーク時代に適した提案だとも思う反面、角住戸ながら全室リビングイン、さらにキッチンもオープンに出来ていないなど、"角住戸なりの魅力、ゆとりある2LDKなりの魅力"がイマイチ感じにくいものとなってしまっているのも気になりますね。

洗面所もキッチンインですし…。

坪単価は353万円。上層階の南西角住戸という物件内でも魅力的なポジションゆえにしっかりとした単価設定になっています。近いうちに取り上げる予定のⅡのファミリータイプ(60~80㎡台)の上層階と同程度のお値段設定ですし、未来が明るい立地の条件の良い角住戸がこの単価ならばこのご時世として納得できる水準だと思います。

ただ、上述のように60㎡台中盤の大きさがありながら3LDKとしての使い勝手はないわけで、2LDKながら約7,000万円というグロスの嵩みは気になりますね。Ⅱの上層階角住戸との価格設定との兼ね合いもあるのでしょうが、元来3LDKが最もニーズのあるエリアだと思いますし、若干の違和感はありますね。

0 Comments



Post a comment