ネベル鎌倉大船【小規模とはいえ嵩む管理費】1階35㎡3,300万円台(予定)(坪単価約310万円)

続けて、ネベル鎌倉大船。

設計はDAN総合設計、施工は山田建設です。

敷地面積は650㎡ほどと小ぶりながら南東と北西の両面が接道しており、駐車場へのアプローチが両面から可能になっているあたりは1つの特徴になるでしょう。

ただ、そうであるがゆえに空地は駐車場(アプローチ部分含む)や駐輪場でほぼほぼ消費されてしまっており、小規模とはいえ共用面でのゆとりが感じにくいですね。
エントランスホール(兼ラウンジ)はかなりこじんまりとしています。

デザイン的にはこのシリーズらしい拘りを感じるもので、南東面は打ち放しをアクセントとしつつ、ガラス手摺で透明感を演出しています。また、先ほど取り上げた東角住戸のダイレクトサッシも外観に良い影響を与えてくれるでしょう。

前回のネベル鎌倉大船

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-6-30_14-1-20_No-00.png
お部屋は35㎡の1LDK、南東向き中住戸です。北東側がエントランスホールとなる1階住戸で、目の前阿久和鎌倉線との間に目隠しフェンスが設置されるとはいえ、良いポジションとは言えないでしょう。
柏尾川沿いの低地ですのでハザードマップ上うっすらと色が付いていますし、そもそも住戸が2階以上にのみ設計されるマンションも少なくないですからね。

間取りは物件内で最も小さいものの、昨今は30㎡そこそこの1LDKが主流のため35㎡はむしろ大きなぐらいです。

先ほどのタイプのように専有部形状が歪ではないオーソドックスなもので、柱が完全にアウトフレーム化されたきれいなプランというあたりに好感が持てますね。

LDの入口付近の実質的な廊下スペースを含めるとやはり廊下は長く感じはするものの、オーソドックスなタイプなりの使いやすさもあるでしょう。

LDから洋室にかけて連窓サッシやウォールドアなどを採用し、さらに空間的な広がりが得られる設計になっていると良かったようには思いますね。

坪単価は予定価格で約310万円。1階住戸なりにこなれた印象ではあるものの、1階は2階とは異なりリバービューにもならないですし、テラスや専用庭などのような1階なりの魅力も見たらないプランになりますのでリーズナブルな印象はないですね。

設備仕様面は、小規模なのでディスポーザーはありませんが、水回りに力をいれたこのシリーズ特有のもので、ミラブルシャワー、ミラバスビジョン、たからの水、そして、浴室テレビも備わっています。

管理費は555円/㎡。小規模とはいえ、ディスポーザーなしの外廊下ですのでかなり高いですね。スケールメリットがないとある程度高くなるのはやむなしではあるのですが、土地柄を考えてももう少し安い方が自然ですし、30㎡台ですら管理費だけで2万円前後というのはシンプルに重いですよね…。

駐車場は身障者用を含む5台で全て平置になります(うち2台は小型車用)

0 Comments



Post a comment