ルフォンプログレ渋谷ヒルトップ【屋上テラス、パーソナルフィットネスなどの充実の共用空間】7階35㎡238,000円(坪賃料22,628円)

続けて、ルフォンプログレ渋谷ヒルトップ。

設計・施工は、前田建設工業です。

中には60〜70㎡台のかなり立派な賃料帯のお部屋もありますが、20〜30㎡台中心の物件ではありますので、共用部は重厚さよりもカジュアルモダンな雰囲気です。

共用施設には特徴があって、高台ポジションならではの眺めが得られる屋上ヒルトップテラスに加え、フィットネスルーム(完全予約制で1組だけが利用出来る)、ランドリールームがあります。

また、当物件の入居者は建物低層階に入居するTHE N3というワークプレイス内のラウンジを利用することも可能で、総戸数128戸というスケール以上の魅力を有した複合開発ならではの物件と言えるでしょう。

前回のルフォンプログレ渋谷ヒルトップ

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-7-10_10-2-15_No-00.png
お部屋は35㎡の1LDK、北西角住戸です。北側は最高高さ20m×第3種高度地区による高さ制限のある第一種住居地域の住宅街で、この階でも申し分のない視界抜けが得られます。
むろん日照はほとんど得られませんが、お日様を浴びたければ屋上のヒルトップテラスに行くことで日光浴も出来ますし、こういったコンパクトには適した立地・ポジションでしょう。北向きですので246や首都高の影響もほぼありません。

気になるのは間取りですね。
30㎡台中盤のごくごく一般的な大きさの1LDKなのですが、廊下(及び動線部)による面積消費が大き過ぎでしょう。

“あえて”なのかもしれませんが、ベッドルームはLDと一体利用出来ない設計なので大きな空間として使うことも出来ないですし、もうちょっと効率的、かつ、柔軟性の高い設計であって欲しかったですね。

坪賃料は22,628円。先ほどの高層階住戸に比べると抑えられてはいるものの、上述のように間取りがお世辞にも効率的とは言えないこともあり割高感は小さくないでしょう。
間取りや専有部のグレード感は二の次で、渋谷駅徒歩11分(京王井の頭線)に高いプライオリティを感じることが出来るのであれば悪くないのかもしれませんが…。

設備仕様面は、もちろんディスポーザーはないですし、床暖房もないなど基本的にはいわゆる賃貸仕様になります。
ただ、面積帯が大き目のものには食洗機やトイレ手洗い器などが備わっています。

駐車場は31台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment