エクセレントシティ西横濱駅前【駅徒歩2分とはいえ…】10階61㎡7,598万円(坪単価413万円)

エクセレントシティ西横濱駅前。

所在地:神奈川県横浜市西区浜松町22-2他(地番)
交通:西横浜駅徒歩2分
用途地域:商業地域
階建、総戸数:11階建、60戸

西横浜駅徒歩2分内の分譲マンションの供給は、データのある1995年以降初になるようです。2021年には同じ東海道沿いの駅徒歩3分にアーデルディア西横浜が誕生していますが、それよりも駅に近いポジションになります。
ちなみに、「西横浜」の駅前であることを強調するはずの物件でありながら「横浜」ではなく「横濱」を使っているあたりに猛烈に違和感を感じてしまうのですが、なぜなの~。

やはり東海道沿いの賑やかさは褒められたものではないのですが、そのアーデルディア(戸部駅徒歩12分、保土ヶ谷駅徒歩17分、横浜駅徒歩23分)と同等の距離感で複数駅・複数路線が利用できるあたりも地味に便利なポジションではあるでしょう。

買物便は、スーパーで言うと徒歩2分にまいばす、徒歩3分に肉のハナマサ、徒歩9分にマルエツ、また、藤棚商店街も徒歩6分と良好です。
ただ、”ハマのアメ横”洪福寺松原商店街は駅の北側の物件とは異なり少々距離のある徒歩11分、天王町~星川間の高架下に誕生した旬なスポット星天クレイも徒歩13分となるなど、天王町駅側へのアクセス(直線距離では近いが線路を越えるために迂回する必要がある)は少し時間がかかりますね。

また、通学区は西前小学校で徒歩10分の距離感です。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-10-11_9-54-37_No-00.png
お部屋は61㎡の3LDK、南東角住戸です。東海道の向かいには同11階建のダイナシティ横浜などがあり、この上層階でも視界は抜けないのですが、日照に関しては問題ありません。東側の前建は6階建ですし、その先も比較的低めの建物のためアーデルディア西横浜(10階建)のところまで視界抜けが得られますが、むろん将来的な保証はありません。

間取りは60㎡そこそこのいわゆる狭小3LDKになるのですが、当物件はその東海道沿いの賑やかな駅前立地であることが考慮された30~60㎡台の構成で、物件内で最も大きなものになります。

東海道沿いゆえに二重サッシが採用されているため、窓を閉めていれば問題ないでしょうし、そのように日照良好なポジションなので3LDKがあることに大きな違和感はないものの、柱の食い込みが目立ちますし、手狭な印象は拭えません。

洋室3の引き戸を開け放つことで2LDK的に使うことも出来ますが、柱の食い込みの影響(窓際上部に梁)で、方立てが大きくなってしまっていますし、この面積帯の3LDKにするのであればもう少し効率性を追求して欲しかったところですね。

洋室2にはコーナーサッシが採用されており、外観的にはちょっとしたアクセントになってはいるのですが、洋室部分ですし室内における魅力はあまり感じられません。

一方、専有面積のわりに収納はかなり充実しており、窓もあるストレージが特徴的です。浴室も普通に1418を確保出来ていますし、居室畳数ではなく”その他の部分”を重視した設計ですね。

坪単価は413万円。高い…。

近年のファミリー向け物件の近隣エリアの供給事例としては、クリオ西横浜ブライトマークス(2020年分譲/西横浜駅徒歩5分/約265万円)、イニシア横浜天王町(2021年分譲/天王町駅徒歩3分/約335万円※平均専有面積約47㎡)、シティテラス横濱星川(2022年分譲/星川駅徒歩7分/約335万円)、シティハウス西横浜(2022年分譲/西横浜駅徒歩7分/約330万円)、セルアージュ横濱天王町(2022年分譲/天王町駅徒歩9分/約305万円)、クリオ横濱保土ケ谷ブライトマークス(2023年分譲/保土ヶ谷駅徒歩8分/約320~330万円)といったものがあります。

こちらの低層階などには320万円ほどのものもあり、平均としては360~370万円程度と思われますが、駅徒歩2分とはいえ賑やかな東海道沿い、また、上層階でも主開口部(南方向)の視界抜けが得られるわけではありませんので400万円超は驚きました。

30~40㎡台のコンパクトにお誂え向きの立地なので、そういったタイプの300万円台中盤~後半のものに関しては大きな違和感はないのですが、3LDKとしては面積を絞っているとはいえ、グロスもそれなりの水準になるファミリータイプでのこの単価はどうでしょうか。
偶然か必然かは分かりませんが、際どい立地のエクセレントシティ横浜桜木町プロジェクト(仮称)もファミリータイプ(60㎡台)が強く感じましたね…。

0 Comments



Post a comment