クリオ横濱鶴見セントラルマークス【2駅徒歩5分、またもファミリータイプ】4階75㎡7,998万円(坪単価353万円)

クリオ横濱鶴見セントラルマークス。

所在地:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-16-4他(地番)
交通:鶴見駅徒歩5分、京急鶴見駅徒歩5分
用途地域:商業地域
階建、総戸数:11階建、40戸

昨年から分譲されていたクリオ横濱鶴見ミッドグレイスに次いで鶴見駅にほど近いポジションに誕生する物件です。
ミッドグレイスは鶴見駅徒歩6分(京急鶴見駅徒歩5分)でしたが、こちらはさらに近い徒歩5分で、JR及び京急が共に徒歩5分圏内になるさらに交通便の高いポジションですね。

ただ、こちらもミッドグレイス同様に鶴見溝の口線沿い(区役所前通り)に面した交通量の多いポジション(ミッドグレイスとは異なり全戸が区役所通りに面している)で、便利な立地なりに賑やかではありますね。
ミッドグレイスもその立地からするとコンパクト中心(クリアラベルヴィ)でもおかしくなかったところファミリータイプが中心となった物件でしたが、こちらもその賑やかさに加え、全戸が区役所通りのある北東を向いており日照に優れたお部屋が少ないため、全戸3LDK(2LDK+S含む)というのは意外でした。

買物便は、スーパーで言うと徒歩2分にオリンピックとまいばす、徒歩7分に京急ストア、徒歩8分に業務スーパー、徒歩9分に西友と、駅徒歩5分なりに良好です。

また、通学区は鶴見小学校で徒歩10分の距離感になります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-10-26_11-34-12_No-00.png
お部屋は75㎡の3LDK、東角住戸です。上述のように建物は北東の区役所通りを向いているのですが、こちらの角住戸は南東にもバルコニーを設け、南東にも開口部を豊富に設けているのが大きな魅力になるでしょう。
南東側は旧東海道で、鶴見駅前に続く通りになりますので、やはりそれなりの交通量があるのですが、二面接道のため前建までの離隔は確保出来ています。前建はいずれもマンションでこちらのマンションとほぼ同じ高さなのでこの階だと日照も良いとは言えませんが…。

間取りは1フロア1戸の南東向きのため物件内で最も大きい唯一の70㎡台になります。
上述のようにかなり賑やかな駅徒歩5分ポジションですし、上層階を除くと日照も良好とは言い難いのでこのようなしっかりとした大きさのファミリータイプが設けられているのは意外でした。

たた、ポイントとなるのはやはり北東だけでなく、南東にも多く設けられた開口部で、LDのダイレクトサッシも床上すぐのところから梁下までのそこそこの高さがありますね。

一方、少々歪な形状であることも影響してか柱の食い込みが目立ち、洋室2の引き戸の方立てがかなり大きな点、また、LDの入口付近に動線状のスペースがかなり大きく混入してしまっているあたりも気にはなりますね。
収納はかなり充実しているように思いますが、そういった点もあり純粋な居室空間にはやや物足りなさを感じてしまいます。

坪単価は353万円。この後取り上げる60㎡そこそこの実質3LDKはこのぐらいの階でも370万円超の水準で、思っていた以上に面積帯による単価差があります(こちらは唯一南東に面した角住戸なので、こちらが単価高になるのがむしろ自然ではあるのですが、グロスの嵩みが考慮されているのでしょう)。

近年の近隣供給事例としては、そのクリオ横濱鶴見ミッドグレイス(2022年分譲/鶴見駅徒歩6分/約360万円)、ウィルローズ横浜鶴見(2022年分譲/京急鶴見駅徒歩8分/約300万円)、リビオレゾン横浜鶴見ステーションサイト(2022年分譲/京急鶴見駅徒歩3分/約315万円)、
ミオカステーロ鶴見フロンティア(2021年分譲/京急鶴見駅徒歩10分/約235万円)、ヴェレーナ鶴見(2020年分譲/鶴見駅徒歩7分/約290万円)があります。

こちらは多くが340~380万円程度のため平均としては360万円ぐらいになるはずで、ミッドグレイスとほぼ同じになるようですね。
直近から分譲中のノブレス横濱鶴見ミッドパーク(2023年分譲/鶴見駅徒歩9分)の平均も同じぐらいで、こちらは視界や日照面の至らなさはあるものの駅が近く、こちらのような角住戸の単価水準は利便性に重きを置く方には悪くないでしょう。

そのように、どちらかと言うと"コンパクトが似合う立地の大き目のファミリータイプ"というところがちょっとひっかかりますし、そういったあたりがこのような単価にさせている印象もありますが…。

0 Comments



Post a comment