クリオラベルヴィ中央湊【小規模ながら流れる木目調縦ルーバー】35㎡5,397万円(坪単価510万円)

続けて、クリオラベルヴィ中央湊。

設計は富士建築設計事務所、施工は新三平建設、デザイン監修はデザインショップ・アーキテクツになります。

前回の記事で述べたように、かなりの小規模物件で、接道しているのも東面のみになります。しかしながら、高価格帯の物件でもあることから”その東面”を少しでも魅力あるものにしようとする心意気を感じることが出来、そういった意味では好感が持てるでしょう。

東面の間口はけして豊かなものではないのですが、道路からはそこそこにセットバックし、道路沿い・アプローチ沿いには植栽が豊富です。駐輪場などのある敷地西側(敷地奥)に向かってピロティ状の空間設計を採用しているため視線の抜けがありますし、小ぶりながらもガラスや木目が印象的なエントランスホール周りの雰囲気も悪くありません。

また、エントランス以上に特徴的なのが外観で、バルコニー周りに設けられた一層ごとにずらした木目調縦ルーバーの流れ(ライン)がとても印象的です。木目調ルーバーは結構奥行があるので、横や斜め方向から見るとまた異なる印象を与えてくれますし、囲まれ感の強い立地ゆえの配慮なのかもしれませんね。

前回のクリオラベルヴィ中央湊

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-10-27_12-45-44_No-00.png
お部屋は35㎡の1LDK、西・南・北の三方角住戸です。敷地西側、いずれの方角も接道していないポジションで、南こそ低層ですが(その先に6階建、隣の区画にパークシティ中央湊ザ・タワー)、西と北は当物件と同じ10階建マンションということでかなり囲まれ感があります。

間取りは物件内で最も小さな35㎡で、物件内でも特に囲まれたポジションが考慮された印象ではあるのですが、前建の影響が少ない南側を主開口部のような設計に出来ているのは良い点でしょう。

南側にはバルコニーもありますし、三方角住戸ながら柱をきれいにアウトフレーム化するなど、効率性も見どころの1つになります。

なお、LDK8.7畳に関してはキッチン周りがかなり大きく、LD自体は手狭な印象にはなるのですが、ベッドルームの引き戸を開け放つと大きな空間になりますし、ウォークスルークローゼットを採用したことで回遊動線もありますので専有面積以上の感覚を味わえそうです。

坪単価は510万円。物件内では下限に近い設定です。40~50㎡台に比べればグロスが抑えられていますし、そのように効率性も上々のタイプなのでこのご時世にしては現実的な水準だと思います。

こういった低層階は特に囲まれ感が強いですし、唯一低層の南面も将来的にこういった高さの建物になってしまう可能性が小さくないため、そういった点を許容しなければなりませんが、あくまで現状で判断をするのであればそのポジションなりに控えめな方ではあるでしょうね。

設備仕様面は、小規模コンパクトのためディスポーザーはありません。ただ、食洗機、トイレ手洗い器、フィオレストーンのキッチン天板に加え、キッチンタッチレス水栓、浴室フラットラインLED照明も備わっているので悪くないでしょう。
また、ゼッチ・マンションなのでエコ・断熱性能が高く、ベッドルーム1室に床暖房が付いているのもポイントになります。

管理費は398円/㎡。ディスポーザーはないながらも、かなり小規模な内廊下物件ということで高めです。スケール的にやむなしな水準ではありますが、小規模ゆえのデメリットに違いはありません。

なお、駐車場はありません。

0 Comments



Post a comment