プラウド湘南平塚【逆梁に沿うリフレッシュベンチ】3階75㎡6,348万円(坪単価280万円)

続けて、プラウド湘南平塚。

設計・施工は安藤・間、デザイン監修はジャイロアーキテクツです。

総戸数自体は58戸とごくごく一般的なものでしかないのですが、8戸の北東向き(60㎡台)を除いた南東・南西向きが全て70㎡超で構成された物件で、80~90㎡台も豊富に設けるなどその数字以上のスケール感があります。
敷地面積は1,700㎡超あり、南東・南西の角地でもあるので敷地周囲の広がりがありますね。

ただ、空地率は約37%と低いですし、エントランスアプローチもごくごく一般的な感じで特段のゆとりを感じることはありません。
総戸数58戸という数字からは大きな違和感はないのですが、エントランスホールも意外にもあっさりとした感じですね(コーナーサッシが採用された明るい空間ではあるのですが、大きさ・デザイン的に物足りなさがある)。

外観は南角住戸のダイレクトサッシ、屋外共用階段を覆うシックなルーバー仕上げがアクセントにはなっているのですが、とりわけ高級感を覚えることはないでしょう。

エリア内では高額でも坪単価300万円未満が中心となる物件という意味では特に違和感はないのでしょうが、別荘地としての歴史もある代官町のブランド物件ですし、80㎡超のグロスの嵩むお部屋が相当数存在する物件という点でももう少し分かりやすい高級感を演出して欲しかったという思いはありますね。

前回のプラウド湘南平塚

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-7_10-0-12_No-00.png
お部屋は75㎡の3LDK、南東向き中住戸です。南東側道路の向かいは戸建住宅街ですので、この階でも多少の視界抜けが出てきます。こういった階はこの物件の特殊な逆梁工法による水平~斜め上部方向の視界抜けが生きるでしょうね。

間取りは田の字ベースの横長リビングプランながらそのリフレッシュベンチが施されたことで、一般的な順梁田の字タイプとは一線を画しています。

表示の通りベンチスペースを除くとLDは12.3畳しかないのですが、経験上こういった腰掛(小上がり)がLD内にあると空間に上下方向の動きが出て良いと思います。いわゆる逆梁カウンター(床上40~80cm※物件による)だと圧迫感が出てサッシ高もイマイチになってしまうものですが、こちらは梁による段差を最低限に出来ているのでサッシ高も高いです。そしてこういった適度な段差は子供の大好物でもありますし、ベンチ収納もおもちゃや本など子供用品を収納するのに良さそうです。

坪単価は280万円。中層階中住戸で物件の平均に近い水準です。リフレッシュベンチという特徴がありはするものの、必ずしも優れている点だけではなく大きな付加価値になるかと言うと半信半疑(お住まいになる方の趣向やライフスタイル次第)ではあるので、前回の記事で述べたようにやや強くは感じますね。

設備仕様面は、ディスポーザーがないのは残念ですが、食洗機、トイレ手洗いカウンターは備わっています。
ゼッチ×低炭素認定のエコ・断熱性能の高さもポイントになるでしょう。

管理費は233円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数58戸という並のスケールを考えれば違和感はありません。

駐車場は全26台で身障者用を含む5台が平置、21台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment