ザ・パークハウス松戸本町【小規模らしからぬ魅力的なエントランス周り】8階49㎡5,298万円(坪単価355万円)

続けて、ザ・パークハウス松戸本町。

設計・施工は木内建設、デザイン監修はジャイロアーキテクツです。
先行するザ・パークハウス松戸同様にゼッチ×低炭素認定を受けたエコ・断熱性能に秀でた物件で、住宅ローン控除での優遇も受けられます。
14階建107戸のザ・パークハウス松戸に比べるとかなり小さな物件で、40~60㎡台の総戸数45戸でしかないため、こちら単体での供給であったならばここまで力を入れなかった可能性もあるのではないでしょうか(こちらが手を抜いていると思われないように、同等のパフォーマンスに)。

一方、こちらは敷地面積760㎡ほどで、1,900㎡弱で空地率も約54%あったザ・パークハウス松戸ほどのゆとりはありません。

しかしながら、やはりザ・パークハウスと比べ見劣りするのを避けたかったためか、エントランス周りは敷地面積や空地率(約42%)からすると意外なほどゆったりとしており、かなり見映えのするものです。

北側道路沿いから建物をセットバックし、植栽を充実、アプローチは幅・奥行共に申し分ありません。アプローチは階段を数段上る形(スロープもあります※ハザードマップで色が付くエリアであることから1階床をグラウンドレベルから上げている)にした”立体感”も良いアクセントになっていますし、照明の使い方も上手なので夜間はさらに素敵な空間になるでしょう。

小ぶりながらエントランスホール脇には二面がガラス貼のラウンジが設けられており、窓先にはテラス(ウッドデッキ)を挟み両面に緑が望めますので駅前であることを忘れそうです。

前回のザ・パークハウス松戸本町

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-11_12-11-21_No-00.png
お部屋は49㎡の2LDK、南東角住戸です。両面共に接道していないポジションで、東~南にかけてL字形状のビルが隣接しています。8階だと視界が抜けきる感じではないのですが(南側の方が少し高くなっています)、ほぼほぼ越える感じにはなるので圧迫感はなく、日照も得られますね。

間取りは50㎡に満たないやや小さ目の2LDKですが、これ以上ないぐらい玄関・廊下をコンパクトにしているため効率性は高いです。框を斜めにカットし、玄関/廊下を上手にやりくりしていますね。

もちろん洋室2室共にリビングインにはなってしまうのですが、この面積帯の2LDKであれば効率性を第一に考えるべきですし、50㎡未満の2LDKとしては非常に居室畳数が大きなタイプで、専有面積以上の使い勝手があるのは間違いありません。

収納よりも居室畳数を重視した設計で、収納が少な過ぎるのは気にはなる点ですが、ウォールドアを開け放つと15.6畳の大きな空間として使える柔軟性も良いでしょう。

専有面積に含まれてはいますが、玄関前には各戸専用の宅配ボックスもありますね。

坪単価は355万円。北東角(反転タイプ)とこちらの低層階(6階以下)は全て地権者住戸になっており、分譲は中層階以上のため安いものでも340万円程度になります。

60㎡台の上層階のような視界抜け(西方向)こそありませんが、面積差があっても単価差がほとんどありません(こちらの方がグロス価格が嵩まない分、単価が高くなっていてもおかしくなかった)。
先ほどのような低層階の300万円そこそこに比べればインパクトは薄いのですが、超駅前立地にフィットするコンパクト目の2LDKですし、このご時世なりにまずまずの水準だと思いますね。

設備仕様面は、この規模でもディスポーザーが付いていますし、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、水回りのクオーツストーン天板、さらに60㎡台は食器棚(バックカウンター)付と充実しています。

管理費は397円/㎡。小規模ながらディスポーザー付の内廊下ですので高くなるのはやむなしでしょう。ディスポーザー付とはいえ外廊下で総戸数100戸超のスケールがありながら326円/㎡と高かったザ・パークハウス松戸に比べればまだ納得感があります。

駐車場は全5台(うち小型専用2台)で全て平置になります。

0 Comments



Post a comment