エクセレントシティ八王子【約12年ぶりの徒歩7分の住居系地域】70㎡7,200万円台(予定)(坪単価約340万円)

エクセレントシティ八王子。

所在地:東京都八王子市子安町1-547-5他(地番)
交通:八王子駅徒歩7分、京王八王子駅徒歩13分
用途地域:第一種住居地域
階建、総戸数:5階建、44戸

子安町に位置し、八王子駅徒歩7分圏内の住居系地域で約12年ぶりに供給される分譲マンションとなります。

北口は広域に渡り商業地域及び近隣商業地域が広がりますので、そもそも住居系地域が存在していないですし、南口も駅前は同様ですので駅徒歩7分どころか駅徒歩10分圏内ですら住居系地域の分譲マンションは数えるほどしかありません。こちらはその約12年前のプラウド八王子の東隣りで、南方向にはさらに制限が厳しい第二種中高層住居専用地域が広がる良好な住宅街に位置しています。

買物便は、スーパーで言うとサザンスカイタワーのスーパーアルプスが徒歩8分、同南口オーパの1階に食品フロア、北口にはなりますが徒歩9分に成城石井とブルーミングブルーミー(セレオ)と、駅距離なりに潰しは効いています。

通学区においても小中一貫のいずみの森義務教育学校が徒歩3分という絶好のポジションにあり、2020年に開校したばかりという点も魅力になるでしょう。

ここから徒歩7分ほどのところ八王子医療刑務所跡地では、八王子ミライテラスプロジェクト(2026年10月完成予定)が進行中で、その約52,000㎡の敷地にはみんなの広場・芝生広場を中心とした公園空間に加え、ライブラリ・交流スペース・歴史郷土ミュージアムなどの屋内施設が整備されるあたりも楽しみの1つですね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-15_15-37-37_No-00.png
お部屋は70㎡の3LDK、南東角住戸です。南は道路の向かいが戸建エリア、東も戸建が隣接というポジションで、この上層階住戸からは日照だけでなく視界抜けも出てきます。

間取りはそのような良好なポジションが考慮された物件内で最も大きなタイプで、ギリギリでも70㎡に乗っているのは悪くないでしょう。

低層建のため柱も細いですし、角住戸にしては廊下も短めなので居室畳数・収納も比較的確保出来ています。

LD自体は角位置(二面採光)ではありませんが、開口部がサッシ2枚半あるのは良いですし、ウォールドアを開くと違和感少なく大きな二面採光空間になるのも魅力ですね。

坪単価は予定価格で約340万円。物件内で最も条件の良いポジションなりのしっかりとした水準です。

近年の八王子駅の供給事例としては、サングランデ八王子(2020年分譲/駅徒歩6分/約220万円)、オーベルグランディオ八王子エアーズ(2020年分譲/駅徒歩17分/約160万円)、レーベン八王子マークゲート(2020年分譲/駅徒歩9分/約220万円)、エクセレントシティ八王子クラウズ(2022年分譲/八王子駅徒歩17分・京王八王子駅徒歩12分/約205万円)、リビオレゾン八王子レジデンス(2022年分譲/駅徒歩8分/約295万円※30~50㎡台のみ)、ウィルローズ八王子(2023年分譲/駅徒歩7分/ファミリータイプ(60㎡台)は平均270~280万円)、クリオレジダンス八王子セントラルマークス(2023年分譲/駅徒歩10分/約250万円)があります。

こちらは平均でも320万円程度になるはずで、そのように八王子駅界隈ではかなり珍しい立地なりのしっかりとしたお値段設定ですね。
総戸数も少ないですし、この環境に最もフィットする70㎡前後ともなるとさらに限られますので少なくとも新築時はこの単価でも売れるとは思うのですが、シンプルに駅距離で考えると立派に感じる水準ですし、単価帯のわりに共用面(デザイン含む)の高級感が今一つなのは気になるところでしょう。

0 Comments



Post a comment