ソルティア東京王子【再開発も楽しみな駅徒歩4分】3階56㎡7,390万円(坪単価437万円)

ソルティア東京王子。

所在地:東京都北区王子2-25-8他(地番)
交通:王子駅徒歩4分(東京メトロ。JRは徒歩7分)
用途地域:商業地域
階建、総戸数:15階建、56戸

北本通りから1本入ったポジションで、昨年初め頃から分譲されていたリビオレゾン王子の道を挟んだ東側に誕生する物件です。リビオレゾンは20~60㎡台までというわりと幅のあるプラン構成でしたが、こちらは30~50㎡台ということでコンパクト目のマンションによくある面積帯ですね。

北本通りから1本入っているとはいえ、そのように周囲には同じような高さのマンションも少なくないため視界面での魅力があるとは言えないですし、王子駅徒歩5分前後の利便性を鑑みればこういった面積帯がフィットしているのでしょう。
敷地は南西角地ですし、南向きなどであればファミリータイプも十分に行けたとは思いますが、小ぶりなスケールの物件にはなりますし、やはりコンパクト目の方が採算がとりやすい状況にあるのは確かでしょうね。

買物便は、スーパーで言うと徒歩3分にまいばす、徒歩6分にヨークフーズ、徒歩7分に東武ストアがあり、王子駅徒歩5・7分なりの魅力があります。北本通り沿いをメインとした王子銀座商店街が徒歩1分というのもポイントになるでしょう。

今秋、その東武ストアの入るサンスクエアの土地・建物を日本製紙が譲渡したことが発表され、ついに再開発が動き出したこともこのポジションにとっては良い材料になるでしょうね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-20_10-35-47_No-00.png
お部屋は56㎡の2LDK、南西角住戸です。両面が接道したポジションで、南側正面方向はマンションなどの合間を縫うように最大でも4階建となる比較的低層建物で構成されているため、低層階でも日照が得られます(同商業地域ですので将来的な保証はありません)。
西はその14階建のリビオレゾン王子、南西は11階建のランドステージ王子駅前などがありますので多少の圧迫感などは伴いますが、こちらもリビオレゾンも南側道路からかなりセットバックしたポジションに建てられ、眼下には植栽も望めるエントランス周りの空間が広がっているあたりも悪くないでしょう。

間取りは物件内で最も大きなもので56㎡は2LDKとしてもまずまずの大きさがあるのですが、玄関位置が影響し廊下が長めのため専有面積ほどの使い勝手はないように思います。
LDの入口の実質的な廊下部分も含めると50㎡台としては廊下が長いのです。

LD単体では10畳に満たないでしょうし、洋室1室が3.3畳になってしまっているあたりからもその様子が分かりますね。

また、西のリビオレゾンの影響を考慮したのか、接道しながらも西側(妻面)の開口部がかなり限定的なのも残念で、もう少し角住戸なりの魅力があると良かったように思います。

洋室2の引き戸がきれいに開け放てる柔軟性を備えているのは好材料ですが、開いても二面採光にならないですし…。

坪単価は437万円。このタイプの中・上層階は第1期の販売対象外なので、正式価格は未定なのですが、少なくとも400万円台中盤~後半になるようですね。

南向きや両面接道ポジションというのもあるのでしょうが、低層階の30㎡台(北西及び北東角住戸)と比べても単価が強くなっており、低層階ですらこの水準というのはどうでしょうか。

そのリビオレゾン王子(2022年分譲/駅徒歩4分/約370万円)は、相対的に単価が高い20~30㎡台が単価を押し上げたことで、平均単価はそれなりの水準でしたが、面積が大きな63㎡(3LDK)に関しては、上層階でも380万円ほどでした。50㎡台が400万円台前半~後半となるとグロスはかなり嵩んできますし、再開発への期待もあるエリアとはいえ現状では強気な印象になりますね。

0 Comments



Post a comment