ヴィルレ春日部【住居系地域を望む良好な全戸南西向き】3階58㎡3,098万円(坪単価176万円)

続けて、ヴィルレ春日部。

設計・施工はもちろんデベロッパーの埼玉建興で、先月竣工済の完成売りになります。

前回の記事でも述べたように、敷地面積750㎡弱の小ぶりな物件で、ゼネコンとしては大手デベロッパー物件を含む数々の実績がある反面、デベロッパーとしてはほとんど実績がないためブランド力や存在感という点では未知な部分が多いことは否定できません。

ただ、こちらは小規模ながらも周囲に高い建物のない南東・南西の角地で、市役所通り沿いでもあるのでスケール以上の存在感がありますし、外観にシックな素材を用いたことで重厚感もそこそこにはあるでしょう。

エントランスアプローチ、エントランスホール共に物件スケールなりでゆとりを感じることはありませんが、こちらもデザイン的にはシックでエリア・価格帯からも違和感はないでしょう。
ヴィルレ川口はこちら同様の小規模ながら、ゆとりある車寄せを設けるなどの特色があったのでそういった点で言うとちょっと残念な思いもあるのですが、あちらが珍しいケースだったに過ぎません。

前回のヴィルレ春日部

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-27_14-13-11_No-00.png
お部屋は58㎡の2LDK、南西向き中住戸です。南西は市役所通りの向かいが戸建となるため、この低層階でも日照抜群です。向かいは第二種住居地域で高さ制限(斜線制限など)も厳しいとはいえ、この階だと将来的に視界が変わる余地はありますが、現状では視界抜けも出てくるぐらいの良好なポジションですね。

間取りは物件内で最も小さなタイプですが、2LDKとしてはむしろ大きな方です。
居室畳数、収納共にゆとりが感じられ、洋室2のウォールドアを開け放つとかなり広々とした空間になるのもポイントでしょう。奥行あるバルコニーに面した連窓サッシによる開放感も魅力ですね。

柱の断面が正方形ではなく長方形で、室内における斜め方向の視界や日照が得やすくなっているあたりも、ゼネコンデベロッパーなりの繊細さが表れた部分ではないでしょうか。

坪単価は176万円。最上階でも196万円に過ぎないリーズナブルな水準です。もちろんエリア的なものはあるとはいえ、春日部はマンション供給自体が多いエリアではないですし、前回の記事で述べたように今後の駅前再開発や連続立体交差事業などによる街の活性化も期待できますのでこの水準は目に優しいですね。

設備仕様面は、小規模なので当然ながらディスポーザーはありません。
この単価帯では水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターがないのも当然で、むしろ食洗機・床暖房が付いているのは立派でしょう。

管理費は181円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数44戸の小ぶりな物件ですので100円台は良心的ですね。都内などと比べると人件費が安いのはもちろんですが、そうは言ってもリーズナブルです(というか、昨今の都内などの物件のランニングコストが高過ぎかと…)。
以下のように駐車場が全台平置に出来ているのも大きいのでしょうが、駐車場は7,000~9,000円なので収入自体もけして大きくないですからね。

駐車場は全12台(軽自動車用1台含む)で全て平置になります。

0 Comments



Post a comment