ミオカステーロ大倉山【戸あたり2台超の駐輪場】3階60㎡6,398万円(坪単価352万円)

続けて、ミオカステーロ大倉山。

設計はOKI建築事務所、施工はデベロッパーの山田建設です。

総戸数30戸、敷地面積1,000㎡弱の小ぶりな物件です。敷地形状が歪ですし、空地率も約41%と低いためランドプランには特段目立つところはありません。

デザインに関してもかなりシンプルですね。ミオカステーロシリーズ自体にそういった傾向があるものの、外壁やバルコニー周りも単調で、この価格帯の物件としてはちょっと寂しい印象になります。エントランス周りだけはちょっと力を入れてはいるようですが、平均的な分譲マンションと比べるとやはり地味ではありますね。

一方、ちょっと特徴的なのが駐輪場です。
総戸数30戸に対し74台分あり、一般的な戸あたり2台分を超える台数を確保しています。この地は前回記事で述べたように公園環境が魅力で、休みの日に家族で新横浜公園に行きたいご家庭などに配慮した気の利いた設定と感じます。
ドレッセ新横浜は戸あたり1台分しかなく、最寄駅や駅距離は違うとはいえこちらの方が適切だと思いますね。

前回のミオカステーロ大倉山

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-11-29_20-2-43_No-00.png
お部屋は60㎡の2LDK+S、南東向き中住戸です。やはり南東方向は道路の向かいが10階建の大倉山ハイムということで、あちらの駐車場を挟んではいても冬場の日照への影響はあるでしょう(南東方向は影響がありますが、南方向からの日照は問題なさそうです)。

間取りはギリギリ60㎡に乗せた程度の狭小感のある3LDK(2LDK+S)です。
3LDK表示に出来ていない点、洋室2が行灯部屋である点は残念ではあるものの、その分(?)LDの開口部はしっかりとした幅のあるものですし、洋室1の引き戸を開くとかなり大きな空間として使うことが出来る柔軟性も兼ね備えています。

気になるのはLDの入口付近の実質的な廊下状のスペースでしょうか。
ダイニングスペースに使えるほどの幅があるわけではないですし、このスペースは少々中途半端ですね。LDの主要部は隣の洋室1(4.1畳)などと比べていただくとかなり小さいことが分かると思いますし、3LDK(2LDK+S)というには少々厳しいプランかもしれません。

ウォークインクローゼットの形が良くてデッドスペースが少なく済みそうなあたりは魅力ですけどね。

坪単価は352万円。先ほどのより上の階の角住戸との単価差は小さく、近隣物件との比較においてもこの単価は少々強く感じるでしょう。ただ、やはり60㎡そこそこまで面積を絞ったからこその単価設定なのでしょうし、こちらを3LDK的に使える(手狭感なく使える)というご家庭にとってはグロス的な検討しやすさがあるのだとは思います。

設備仕様面は、小規模なのでディスポーザーはありませんが、食洗機、トイレ手洗い器、ミストサウナ、さらに、キッチン食器棚(バックカウンター)を標準装備したこのシリーズお馴染みの充実したものです。ハイセクトによる電気錠(カードキー)を採用したセキュリティシステムも魅力でしょう。

管理費は181円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下とはいえ、総戸数30戸の小規模物件ですのでリーズナブルです。

駐車場は平置2台(1台は1階住戸付設の専用駐車場)、機械式7台の計9台になります。

0 Comments



Post a comment