ピアース神楽坂テラス【映える外観とエントランス】2階33㎡5,790万円(坪単価573万円)

続けて、ピアース神楽坂テラス。

設計は四季建築設計事務所、施工は合田工務店、デザイン監修はフレグライン建築設計になります。

敷地は前ピアース神楽坂センティアに比べると大きいものの、700㎡に満たない小規模物件です。
ただ、センティアはそういった中でもエントランス周りをピロティ状とし広がりのある空間を実現した見映えする物件で、こちらもその流れ(?)を受け継いだ感のある優雅なエントランスアプローチはスケール以上の魅力がありますね。

エントランスは敷地南西コーナー部に設けられており、両面が道路からしっかりとセットバックされているのでかなり空間的な広がりがあります。
コーナー部に位置するエントランスホールは両面にワイドなサッシを採用しているため、屋内外に渡って視線抜けが得られる気持ちの良い空間ですね。当物件は小規模ながら三方が接道しており、そういったあたりもこの豊かなランドプランの要因になるでしょう。

また、外観デザインもフレグラインらしい特色あるもので、バルコニー手摺上部の2本のホワイトな水平ライン、縦ルーバー(マリオン)や庇と一体となったL字ライン状に木調素材を組み合わせるなど、全体としてかなり繊細なものとなっています。

前回のピアース神楽坂テラス

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-12-6_13-17-59_No-00.png
お部屋は33㎡の1LDK、西向き中住戸です。前建は西側道路の向かいの3階建なのですが、その先の西北西には24階建のラ・トゥール神楽坂があります。ただ、真西~南西にかけては3~4階建なので日照も得られますし、けして悪いポジションではないでしょう。

間取りは30㎡台前半のオーソドックスな大きさの1LDKになります。
やや小ぶりな方ではありますし、LDKを重視したことでベッドルームがかなり小さくなってはいるものの、引き戸を開くと1つの大きな空間として使うことも出来る柔軟性の高いタイプでもあります。

先ほどのタイプ同様に柱のアウトフレームはもう少し頑張って欲しかったところですが、共用廊下側の食い込みは少な目ですので大きな違和感はないでしょう。

坪単価は573万円。1階には540万円ほどのお部屋もあり、下限水準でこそありませんが、物件内では控えめな方になります。

前回の記事で述べたように、前ピアース神楽坂センティアからの値上がりスピードの速さに驚かされはするのですが、それでもニーズがあるということでしょうし、こういった30㎡台前半のものはこの単価でも5,000万円台で留まるため、モリモトならではの洗練のデザイン・共用空間との相性の良さは確かなところと言えるでしょう。

設備仕様面は、小規模コンパクトのためディスポーザーはありませんが、食洗機、トイレ手洗い器、フィオレストーンのキッチン天板に加え、廊下壁面(片面)の木目調パネル貼、廊下のタイル貼などモリモト物件なりの魅力を備えています。
また、エコ・断熱性能に優れたゼッチ・マンションで、ベッドルーム1室にも床暖房(ゼッチ基準が満たしやすくなるため採用されることが多い)があるのもポイントの1つです。

管理費は387円/㎡。ディスポーザーはなしでも小規模な内廊下物件ということで高めではあるのですが、さらにスケールが小さかったセンティアの482円/㎡に比べれば控えめな水準で、大きな違和感はないでしょう。

駐車場は身障者用を含む全4台で平置になります。

0 Comments



Post a comment