パークホームズ浅草六丁目【開口部はオプレジだけど…】8階46㎡6,098万円(坪単価438万円)

続けて、パークホームズ浅草六丁目。

設計はIAO竹田設計、施工は村本建設です。

敷地面積700㎡に満たない小さな物件なのですが、空地率は約54%と高めで、ランドプランはわりと特色がありますね。

駐車場は北側道路から直で枠内に入れるタイプなのでセキュリティ面は期待出来ませんが、効率的なのは間違いありません。
また、敷地東西も接道しており、東西ダブルエントランス設計が素晴らしいですね。両エントランス共に道路沿いからしっかりとセットバックされており、アプローチは植栽豊か、両エントランスの間のエレベーターホールにも坪庭を設けた繊細な設計です。

外観を含めデザイン的にとりわけ目立ちはしないものの、バルコニー手摺で隅田川のうねりを表現(ガラス手摺と格子手摺の使い分けで表現)しているあたりは面白いですね。

ちなみに、北側道路沿いに残された蔵(当物件の敷地外)は、従前この地で営業していた歌舞伎小道具の老舗藤波小道具所有の蔵になります。これがなければきれいな敷地形状ですし、住戸プランももう少し無理のないものにはなったのでしょうが、歴史をつなぐものとして今後もこの地に残されるようです。

前回のパークホームズ浅草六丁目

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-12-14_9-46-3_No-00.png
お部屋は46㎡の2LDK、南西角住戸です。南側は12階建が隣接、西南西側は道路の向かいに13階建となりますが、西側正面は5階建のビルなので、この階であれば視界抜けも出てきます。

間取りは北西角住戸と共に物件内で最も小さなもので、40㎡台中盤ながら2LDKが採用されています。

1フロア面積の小さな小規模物件ながら柱をほぼアウトフレームにできているのは素晴らしいのですが、一方で開口部があまりにも…。
パイプスペースや隣地との距離も影響しているのでしょうが、オプレジじゃないんだから…。

また、ホールは広がりがあって良い反面、この面積帯としてはゆったりとし過ぎている印象ですし、LDの入口付近の実質的な廊下部分も含め、もう少し動線部が効率的だと良かったようには思いますね。

坪単価は438万円。最上階でも450万円ほどで、やはり東向きのスカイツリービューや花火ビュータイプに比べると控えめな設定です。
この程度の差だとやはりそういった眺望的な魅力のあるタイプに分がありますが、東向きは50~60㎡台ですので、おかしな設定ではないでしょう。

上述のように開口部はアレですけど、柱のアウトフレームなど気の利いた部分もあるプランですし、40㎡台半ばにまで面積を絞った2LDKですのでこちらもこのご時世としてまずまずの水準だと思います。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんが、食洗機、フィオレストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンターが備わっています。
単価帯からするとシンプルな方ではあるものの、このご時世としては大きな違和感はありません。

管理費は399円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですので高いですね。40~60㎡台のみの総戸数48戸とはいえ、約400円はコスパが悪いです。もともと三井の物件は高めの傾向がありますし、昨今のインフレ下であればやむなしではありますが…。

駐車場は全6台で平置になります。

0 Comments



Post a comment