ヴェレーナ上石神井【高額ヴェレーナとしては今一つなデザイン】2階62㎡6,678万円(坪単価357万円)

続けて、ヴェレーナ上石神井。

設計はイクスアーク都市設計、施工は新日本建設、そしてデザイン監修はお馴染みインターデザインになります。

読者の方はよくお分かりかと思いますが、近年のヴェレーナシリーズは角住戸を中心にコの字形のダイレクトサッシなどを設けることも多く(床上すぐのところから梁下までの高さのあるもの)、そういったものが外観デザインのアクセントになっているケースは少なくありません。
しかしながら、前回取り上げたプラン同様にこちらの物件のダイレクトサッシはいわゆる腰高窓ですし、透明感が高いなどデザインに拘った物件の多い近年のヴェレーナの中では地味な印象を受けてしまいますね。

エントランスアプローチはかなりゆとりがあって悪くはないのですが、駐車場へのアプローチを兼ねているため歩車分離がなされていないですし、駐輪場・駐車場以外の空地のほとんどが1階住戸のプライベートガーデン(テラス・オープンエアリビング含む)といった感じなので2階以上の住戸にお住まいの方にとっての魅力は少ないです。

前回のヴェレーナ上石神井

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2023-12-18_16-59-21_No-00.png
お部屋は62㎡の3LDK、東向き中住戸です。東方向は細い道路を挟みその大きな青空駐車場が広がっています。いつ何時こういったマンションなどになっても何ら不思議ではありませんが、接道はしているので仮にそうなっても最低限の離隔が保たれるポジションではありますね。

間取りは60㎡そこそこのかなり面積を絞った3LDKになります。
この面積ならば効率性に重きをおいて欲しいところですが、共用廊下側の柱は普通に食い込んでいますし、廊下もそこそこに長いですね。

この専有面積なりにバランスをとってはいるようですが、LD単体では9畳にすら満たないでしょうし、収納もやはり少な目ではありますね。

洋室3の引き戸はきれいに開け放てるウォールドアなどになっていると良かったように思いますし、連窓サッシが採用されていないあたりも残念です。

坪単価は357万円。物件内の下限水準になります。そのように専有面積をかなり絞っていることもありグロスとしては見やすい水準ですね。
ただ、如何せん”3LDK”としてはギリギリのプランですし、仮にマンションなどが立ってしまうとかなり印象が違ってしまうポジションではあるのでそこをどの程度許容できるかが当住戸を検討する上での大きなポイントになると思います。

設備仕様面は、小規模ですのでディスポーザーがないのは仕方ないにしてもこの単価帯でトイレ手洗いカウンターがないのは残念ですね。
食洗機、ミストサウナ、天然石のキッチン天板、アグアクリーン(活水器)などは備わっています。

管理費は262円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数42戸のスケールを鑑みれば違和感はないでしょう。

駐車場は全9台で、うち3台が平置(身障者用1台と1階住戸専用駐車場2台)、6台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment