2023年間取り部門②【金賞はいずれも小ぶりな物件】

続いては銀賞に参ります。

【銀賞】(順不同)
プラウド湘南平塚
クレアホームズ市ヶ尾荏田西
クレアホームズ浦和辻緑道
クレアホームズ新小岩親水公園
ヴェレーナシティ鎌倉深沢
ヴェレーナ葛飾立石
ヴェレーナグラン北赤羽
デュオヒルズ福生ウエスト
ブリリア聖蹟桜ヶ丘ブルーミングテラス
プレミスト昭島モリパークレジデンス
ハルミフラッグSKYDUO


銀賞は多めの11物件で、銅賞のように凄く共通している点があるわけではないので、なるべく簡潔に…。

まず、プラウド湘南平塚はLDの窓際に設けられた「リフレッシュベンチ」が興味深いものでした。バルコニーを逆梁の上部としLDよりも高い位置に設けた特異な設計なのですが、LDのベンチ内部には収納を設けることで空間の有効活用を図っていますし、斜め上方向の採光や視界抜けにも優れていました。
サッシはベンチ上部から天井間際までのハイサッシで、また、"バルコニー手摺が逆梁となる一般的な逆梁工法"とは異なり採光面に優れている(手摺をガラスに出来ている)のもポイントでしたね。

クレアホームズの3件は、コロナ禍で生まれた玄関手洗いボウルに加え、完全アウトフレームの美しいプランが印象的な物件でした。建築コストが嵩むこのご時世においてこういったセントラル総合開発の拘りは本当に素晴らしいものがありますね。中でもクレアホームズ新小岩親水公園の最上階南面ワイドスパンプランは絶品でした。

続くヴェレーナの3件はヴェレーナらしい開口部豊かなプランに加え、スキップフロアなど珍しい設計のプランもあるなどいずれもプランバリエーションの豊富さが出色でした。ヴェレーナグラン北赤羽は逆梁工法を採用することで掃き出し窓に約2.3mのハイサッシを実現出来ていましたね。

お次のデュオヒルズ福生ウエストはアウトフレームのきれいなプランに加え、全てのプランではないものの、fitキッチン(アイランドタイプで回遊動線があり、シンク側・コンロ側それぞれに作業スペースが確保されている)、洗面室のArauラック(ハンガーをかけられるバーや洗濯物をたたんだりアイロンがけを行うスペースを確保)の提案が興味深いものでした。

残るは3件、ブリリア聖蹟桜ヶ丘ブルーミングテラスプレミスト昭島モリパークレジデンスハルミフラッグSKYDUOの選考理由は主にサッシ高になります。

ブリリアはSuKKiT3の採用により主開口部にも逆梁と順梁が共存した物件で、中でも順梁部分はバルコニー手摺により視界を妨げられることがない中でサッシ高約2.2m(掃き出し窓)を実現出来ていました。
また、プレミストは普通の順梁工法ながらやはり掃き出し窓を約2.2mに出来た稀有な物件で、三次元的なゆとりを感じることが出来ましたね。
そして、ハルミフラッグSKYDUOは金賞にしようかかなり迷った物件です。アウトフレームに優れた上でのサッシ高約2.1mですし、プランバリエーションの豊富さも申し分ないものです。ただ、個別記事で言及したように、一部のペントハウスプランにしかダイレクトサッシがなく、角住戸の開口部が"意外にも地味"だったことでタワマンとしてはややインパクトに欠けてしまうところを考慮した結果、銀賞とさせていただきました。

【金賞】(順不同)
パークホームズ南池袋
パークホームズ深沢七丁目
クレヴィア西葛西


金賞は3物件!
うち2つはパークホームズ南池袋パークホームズ深沢七丁目の三井物件でこの部門の常連ですね。
いずれも完全アウトフレームなどではないですし、圧倒的とまでは言えないのですが、小ぶりな物件ながらも間取り面にかなり力を入れていることに感銘を受けました。
南池袋はタワマン顔負けのサッシ高約2.2mのワイドなダイレクトコーナーサッシを採用した物件で、小ぶりな物件ゆえの角住戸中心(三方角住戸プランも)のプラン二ングも大きな魅力になっていたと思います。昨日の差別化部門の際にも述べたばかりですが、80㎡台以上を多く設けたこのご時世としては珍しいゆとり設計も良かったですね。

深沢七丁目は1~2階はサッシ高2.1mですが、およそ3分の1を占める3階は2.3mという突出した数字、また、ワイドな開口部幅も見どころの1つでした。内廊下を採用しつつも吹抜を用いることで中住戸の行灯部屋の発生を防ぐなど、高額物件に恥じない美しいプランが印象に残っています。

最後はクレヴィア西葛西です。
こちらは可変性に富んだ「間取りのない家」が選考理由に他なりません。
図面で見てもらった方が早いので詳細は割愛しますが、柱のアウトフレームも良好ですし、イニシアクラウドシリーズ以来(イニシアクラウド二子玉川など)、久々にこういった攻めた提案にお目にかかりました。
どうしても居室独立性に欠けるところがあるため、お住まいになる方を選ぶプランであることは間違いありませんが…。

0 Comments



Post a comment