2023年立地部門②【「ワールド」が納得できるって凄いこと】

続いて、立地部門の銀賞になります。

【銀賞】(順不同)
プラウドタワー平井
プラウドタワー相模大野クロス
シティタワー綾瀬
レ・ジェイドシティ橋本
プレミスト昭島モリパークレジデンス
ジオグランデ白金台
ブランズ自由が丘


先ほどの銅賞と比べ"分かりやすい立地"のものが多いため、さっとコメントしてよいでしょうか(汗)。

上から3件はタワーで高さ・スケールも申し分ないですし、誰が見てもスペシャルな立地ですよね。いずれも駅直結ではないのですが、プラウドタワー平井は四方道路で広がりのあるロータリー隣接ポジション、伊勢丹跡地のプラウドタワー相模大野クロスは駅と相模大野中央公園を結節点的なエリア・沿線最高層タワー、シティタワー綾瀬は横断歩道を渡りはするものの、改札が目の前となる千代田線沿線最大スケール(※単独事業主物件でのもの)で交通広場(整備中)隣接というあたりからも特別な立地と言えるでしょう。

お次のレ・ジェイドシティ橋本はやはりリニア開通予定の橋本駅がほど近いポジションであることが選考理由で、橋本駅南口の徒歩5分内の分譲マンションの供給は実に26年ぶりのことになります。タワマンのようなランドマーク性こそないものの、Ⅰ~Ⅲ合わせると230戸超のスケールですし、"駅徒歩5分ながら住居系地域なりの落ち着き"があるあたりもスペシャルに感じました。

プレミスト昭島もとても話題を集めた物件です。昭島駅自体はけしてメジャーとは言えないのでしょうが、"モリパーク内初のレジデンス(住宅)"で、その隣接する大規模商業施設が庭のように使える駅徒歩5分はオンリーワンの魅力があります。

最後の2つジオグランデ白金台とブランズ自由が丘はかなりの高額物件ですが、いずれもその価格に恥じないスペシャルな立地です。
ジオグランデは目黒通り沿いではあるものの、向かいに自然教育園の広大な緑(手前に白金台どんぐり児童遊園)を見下ろす19階建で、近隣目黒通り沿いなどには近い条件のマンションもありはしますが、背の高いもの(パークアクシス白金台、プライムメゾン白金台タワー、アクロス目黒タワー)は賃貸ばかりですので分譲でのこの眺望(ポジション)はかなり魅力的でしょう。
また、ブランズ自由が丘は目黒区でないあたりに惜しさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、駅前に商業地域が広がる自由が丘駅では非常に貴重な"徒歩5分の一低専"で、九品仏川緑道沿い、三方接道の2,000㎡弱というあたりもその希少性に拍車をかけていました。

【金賞】(順不同)
ワールドタワーレジデンス
クラッシィタワー新宿御苑
グランドメゾンザ・山手118


金賞はもう説明不要でしょう(もう年の瀬だし楽させて下さい…汗)。

ワールドタワーレジデンスは、浜松町駅前広場直結×東京タワービューの特等席で、世界貿易センタービル跡地ゆえのネーミングとはいえ、普通は「ワールド」とか言っちゃうと「なに大袈裟な名前つけてんの???」となってしまうでしょう。しかしながら、この物件の立地であれば納得できちゃうはずで、それ自体がこの物件の立地の凄さを表していると思いますね。
※別にワールドシティタワーズをディスってるわけではないです…。いや、結果的にディスってるんでしょうけど、ネーミングはともかくワールドシティタワーズは類を見ないスケールと共用空間を実現した物件ですしかなり好きなマンションです。

クラッシィタワー新宿御苑も詳細な説明は不要でしょう。
中層階以上で南方向に御苑を一望できる絶好のポジションの35階建で、御苑に最も接近するタワマンであるのはもちろんのこと、御苑内からの存在感という点でもドコモタワーに匹敵するものがあるでしょうね。

最後のグランドメゾンザ・山手118は横浜インターナショナルスクール跡地に誕生する飛び地5物件のうちの1つで、総戸数はたったの7戸という超小規模物件です。しかしながら、敷地面積1,200㎡弱に平均専有面積約130㎡の7戸というラグジュアリーな設計で、港の見える丘公園(内の神奈川近代文学館)隣接という山手の本流とも言うべきポジションは金賞に相応しい存在だと思っています。

0 Comments



Post a comment