2023年モモレジ部門②【金賞は想いを具現化してくれたあの物件】

銅賞に次き銀賞の発表となります。

【銀賞】(順不同)
ブリリア聖蹟桜ヶ丘ブルーミングテラス
ザ・パークハウス鷺沼
ザ・パークハウス三郷
エステムコートグラン吉祥寺
ルピアシェリール武蔵浦和ナチュール
アトラス麻布台


銀賞は6物件。
ブリリア聖蹟桜ヶ丘ブルーミングテラスはブリリアタワー聖蹟桜ヶ丘ブルーミングレジデンスのような高さ・スケールこそないものの、そちらとはまた異なる個性を上手に生み出していた物件でした。間取り部門で言及したSuKKiT3採用によるサッシ高約2.2mも素晴らしかったのですが、それと同じぐらいエントランス周りが魅力的でしたね。
面積的にもゆとりのある2層吹抜のエントランスホールからは西側に設けられた緑豊かなエントランスガーデンが望めるようになっており、多摩川沿いも相まった環境的な魅力も非常に高い物件でした。

お次のザ・パークハウス三郷も駅徒歩4分ながらリバーフロントとなるポジションで、環境面と利便性が高いレベルで両立していました。また、当物件の大きなポイントであり、最も印象に残っているのがルーフトップテラスですね。総戸数196戸という数字以上のゆったりとした共用空間で、L字型の大きな2つのソファスペースに加え、L字のハイカウンターなどもある様々な用途に利用出来そうな施設でした。

次も三菱地所物件でザ・パークハウス鷺沼です。南がパークフロント、北がヒルトップビューとなる立地条件もなかなかに特徴的なのですが、最も驚かされたのはそのヒルトップビューを生かした北向き住戸の"全面ダイレクトサッシ"ですね。ごくごく一般的なファミリータイプ(70㎡3LDK)にバルコニーが一切ないというのはちょっとした衝撃でした。重厚な設えの外観デザインも印象に残っている物件です。

エステムコートグラン吉祥寺ルピアシェリール武蔵浦和ナチュール、アトラス麻布台はアプローチ周りのデザイン×ランドプランにかなりパンチのあった物件で、いずれも一度お目にかかった忘れられないものでした。エステムコートは花壇に加え2層分の高さがあるガラスボックスのような透明感のあるグランドエントランス、ルピアシェリールとアトラスは小規模ながらもアプローチ周りに異常なゆとりを感じた物件で、デザイン的にも素敵でしたね。

【金賞】(順不同)
グランドシティタワー池袋


金賞はグランドシティタワー池袋で、選考理由はやはり駅と物件を結ぶ「グランドホワイエ(改札から地下2階エントランスへのアプローチとなる大規模吹抜空間)」に他なりません。
住不物件ですので外観やエントランスホールは既視感のあるデザインでしたし、分譲時の記事で述べたように私の”想像を超えてはくれなかった”のですが、その地上から自然光も降り注ぐグランドホワイエは同駅直結のプラウドタワー東池袋ステーションアリーナ(2020年分譲)の際に"あったらいいな"と私がイメージしていたものですのでこの物件以上にモモレジ部門に相応しい物件はないのかな…ということで選出に至りました。
こんなに早く"思い描いていたもの"にお目にかかれるとは思っておらず、とても驚かされました。

0 Comments



Post a comment