プライム横須賀中央【屋外テラスもある豊かな迎賓空間】13階67㎡5,450万円(坪単価269万円)

続けて、プライム横須賀中央。

設計・施工は長谷工で直床、デザイン監修はインタープランデザインセンターになります。

プライムパークス品川シーサイドザ・レジデンスプライム横浜井土ヶ谷に続いて、三菱地所物件などでの実績が豊富なインタープランデザインセンターを起用しており、総戸数140戸のそこそこのスケール感を生かしたデザイン面は見どころの1つになるでしょう。

敷地面積は1,400㎡ちょっと、空地率は37%ということで、特段の敷地のゆとりを感じることはないのですが、基壇部、中間層、上層部の3層構造、さらに、レトロな印象とモダンなイメージのコーニスで横ラインを強調した外観デザインは特徴的です。グレーを基調とし、一部にレンガ調のタイルを用いているため、このエリアに相応しい重厚さも窺えますね。

また、エントランスはクランクインアプローチを採用しており、大庇のアプローチの先にあるエントランス~ホール、その先には落ち着いたデザインのラウンジ、さらに、ラウンジの先には屋外テラスも設けられるなど、総戸数140戸のスケールを生かした迎賓空間も特徴の1つと言えるでしょう。

共用施設らしい共用施設はそのラウンジと屋外テラスのみで、総戸数140戸にしてはやや物足りない印象もありますが…。

前回のプライム横須賀中央

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-1-8_10-6-26_No-00.png
お部屋は67㎡の3LDK、南東向き中住戸です。南東側も接道しておらず、道路との間には5~10階建のビルやマンションが詰まっているのですが、この上層階住戸であればそれらを越え、視界を遮るものはほとんどない(駅前のサンコリーヌタワー及び若松町一丁目で進行中の再開発タワマンぐらい?)良好なポジションになります。
前回の記事でも述べたように、やはり接道しておらず、駅前は商業地域になることから将来的に視界が変わる余地があるのは気になる点でしょうか。

間取りは67㎡の3LDKで、面積を絞った印象はあるものの、近年のトレンド下においては何ら珍しくないオーソドックスな大きさのものになります。

気になるのは共用廊下側の柱の食い込みで、このぐらいまで面積を絞るのであればそこはもう少し頑張って欲しかったところではありますね。洋室1・2は柱の食い込み部分を含めても5畳そこそこですので、居室形状も含め使い勝手が良いとは言えません。

ただ、その一方で、LDは11.1畳と思いのほか大きくはありますし、リビングインの洋室3とも一体利用しやすい設計なのは魅力でしょうね。

坪単価は269万円。先ほどの西角住戸よりも高い水準で、上層階とはいえ中住戸でのこの水準は少々強く感じますね。
中層階以下は視界がガッツリ塞がれる分、上層階にプレミアムを乗せているのだと思いますが、共用廊下側の柱の食い込みが顕著などこにでもある田の字プランですからね。

設備仕様面は、スケールを生かしディスポーザー、また、食洗機(40㎡台除く)も付いています。水回りの天然石天板仕様はありませんが、トイレはキャビネット型の手洗い付ですし、単価帯を考えれば悪くはないでしょう。

管理費は249円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付での水準ですので昨今の強烈なインフレ下においては違和感ありません。

駐車場は全22台で、内訳は平置9台、機械式13台になります。

0 Comments



Post a comment