サンウッド西荻窪【駅徒歩6分、第一種低層住居専用地域の本流】70㎡12,980万円(坪単価611万円)

サンウッド西荻窪。

所在地:東京都杉並区西荻北2-131(地番)
交通:西荻窪駅徒歩6分
用途地域:第一種低層住居専用地域
階建、総戸数:地上3階地下1階建、19戸

西荻北2丁目の第一種低層住居専用地域、西荻窪駅と善福寺川の中ほどとなる閑静な住宅街に誕生する物件です。

当物件もマンションとしてはかなり小ぶりな総戸数19戸ではありますが、一低専内は多くが戸建となるエリアで、西荻窪駅が徒歩6分という高い利便性がありながら、一低専の良好な住環境が享受できる分譲マンションはかなり珍しいですね。
西荻窪駅は駅徒歩5分圏内の分譲マンションは少なくありませんが、そのほとんどが駅前及び神明通り沿い(商業地域・近隣商業地域・第二種中高層住居専用地域)です。徒歩10分前後までいくと一低専のものが増えてきますが、徒歩6分は貴重ですね。
近年だとオープンレジデンシア西荻窪が同駅徒歩6分(西友駐輪場側出口は徒歩4分)で一低専でしたが、高架沿い(線路沿い)でしたし…。

アプローチがフラットなのはもちろんのこと、雨の日などには駅までの道程の半分程度を商店街のアーケード経由に出来るあたりも魅力的な立地でしょう。

買物便は、スーパーで言うと、徒歩4分にまいばす、徒歩6分に西友、ライフ、DailyTableKINOKUNIYA、徒歩7分にミニコープ、徒歩8分にサミットストア、徒歩10分にクイーンズ伊勢丹と選択肢が豊富ですね。むろん駅前には商店街も充実しており、このエリアを問わず一低専の中では利便性に富んだ立地になります。

また、通学区が目と鼻の先の桃井第三小学校の徒歩4分というあたりも魅力ですね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-1-10_10-45-36_No-00.png
お部屋は70㎡の3LDK、南西角住戸です。両面が接道しており、向かいも一低専になる申し分のないポジションです。こちらも一低専の3階建なので視界抜けという感じこそないものの、前建はいずれも戸建ですし、半永久的に日照への不安はありません。

間取りは70㎡そこそこながらお隣の南東角住戸と共に物件内で最も大きなタイプになっています。
上述のような良好な一低専ポジションを鑑みれば80㎡台などがあってもおかしくなかった印象ではあるものの、敷地形状的に北向き住戸(30~60㎡台)も多く存在しているマンションですし、物件内での面積差(価格差)ないし住民属性の差(単身~ファミリーまで)などを鑑みるとこのぐらいの大きさになるのも分からんではないですね。

とはいえ、低層建なりに壁式構造を採用したきれいな居室形状が印象的な物件というだけでなく、南面ワイドスパンによる南面4室設計は素晴らしいものがあります。
LDは西側にもワイドなFIXサッシ(腰高窓でサッシ高は低め)がありますし、こういった閑静な住宅街物件としては採光面での魅力も高い方でしょう。

また、お手本のような逆T字形の玄関・廊下設計で、廊下が長過ぎることなく洋室3室及び洗面所がノンリビングイン設計になっているのも上手ですね。

一方で、気になるのはLDがやや小さい点でしょうか。
70㎡の3LDKである以上、LDKでの14.1畳は違和感はないのですが、キッチン側にゆとりがあるためLD単体では10畳そこそこでしょうし、ベッドルーム2に関してはウォールドアなどでのリビングイン設計にした方が柔軟性が高まって良かったように思いますね。

坪単価は611万円。こちらは南に面した条件の良い角住戸なので600万円超ですが、一方で低層階(地下住戸)は500万円台前半からありますので、平均は570万円ほどになるでしょうか。

近年の近隣供給事例としては、オープンレジデンシア西荻窪(2020年分譲/駅徒歩4分/約400万円※平均専有面積約42㎡のコンパクト)、クレヴィア西荻窪(2020年分譲/駅徒歩5分/約440万円※平均専有面積約43㎡のコンパクト)、ジオ杉並松庵(2021年分譲/西荻窪駅徒歩16分・三鷹台駅徒歩10分/約400万円)、パークホームズ杉並上荻(2021年分譲/駅徒歩15分/約365万円)、ピアース西荻窪レジデンス(2022年分譲/駅徒歩9分/約425万円※平均専有面積約54㎡でコンパクト寄り)、オープンレジデンシア西荻窪コート(2022年分譲/駅徒歩14分/約385万円)があります。

価格が一段と高騰した感のある昨年はこちら以外の供給がありませんでしたし、2021年以降の物件は少々駅距離があったためこちらの単価は突出した水準になるのですが、やはり一低専の本流とも言えるこの立地は高くなるのが当然であり、お隣の荻窪駅ではここ1~2年の間にパークホームズ荻窪三丁目(2022年分譲/駅徒歩6分/約555万円)、ヴィークコート荻窪四丁目(2022年分譲/駅徒歩3分/約505万円)、クレヴィア荻窪(2023年分譲/駅徒歩4分/約605万円※平均専有面積約50㎡と小さ目)といった事例があることから、このご時世大きな違和感はないでしょう。

0 Comments



Post a comment