プラネスーペリア西東京緑町【バス停目の前、エントランスに待合スペース】2階70㎡5,798万円(坪単価273万円)

続けて、プラネスーペリア西東京緑町。

設計・施工は長谷工で直床になります。供給するエリア・単価帯というところもあるのでしょうが、近年のプラネスーペリアは軒並み直床ですね。

EASTWINGとWESTWINGの敷地はほんの少ししかつながっておらず、両棟を行き来するためには新所沢街道(の歩道)を経由しなければならないものの、1つの敷地・1つの物件ではあるので、総戸数100戸超なりの魅力が窺える物件です。
共用面での最大のポイントとなるのは、前回の記事でも言及したWESTWINGの「バスまち」という名のエントランスホール兼ラウンジ(小ぶりです)だと思うのですが、それ以外にもEASTWINGにスタディラウンジ、個室ブースが設けられています。

敷地面積4,500㎡超、空地率約52%のわりには共用面でのゆとりが感じにくいところもありはするものの、両棟のメインエントランス周りは緑豊かなアプローチになっていますし、敷地北西部には自主管理緑地という既存樹(クスノキ)を生かした空間も設けるなど、この地ならではの配慮がなされているあたりにも好感が持てますね。

外観はアースカラーで長谷工板状マンションらしい可もなく不可もなくな印象にはなるのですが、一部バルコニー手摺に変化を持たせるなど単調さを回避しているあたりはポイントでしょう。

前回のプラネスーペリア西東京緑町

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-1-12_9-46-42_No-00.png
お部屋はEAST WINGの70㎡の3LDK、南向き中住戸です。WESTWINGの南側は5階建のモナーク田無緑町に塞がれていましたが、こちらの南側は2~3階建の低層住宅街になっています。やはり低層階では視界が抜けはしないものの、日照に関しては申し分ないでしょう。

間取りは70㎡に乗せたオーソドックスな田の字3LDKになります。
共用廊下側には柱の食い込みが見られますし、バルコニー側に連窓サッシも採用されていないシンプルな設計ですが、このエリア・価格帯であれば大きな違和感はありません。

2WAYの大きなファミリークロークはポイントの1つですね。

坪単価は273万円。モナークの影響が大きいWESTWINGの2階中住戸は250万円台となっており、視界・日照面からこちらの方が高くなるのは当然ではあるのですが、こちらも低層階では視界が抜ける感じではありませんので、もう少し単価を抑えて欲しかったところですね。
上層階になると前建を越え、南東方向には東大生態調和農学機構の広大な敷地が見えてくる気持ちの良いポジションではあるのですが、低層階ではそうはいきません。

グロス的にも6,000万円弱ですし、6,000万円前後を中心価格帯とした119戸の販売はかなり大変なのではないでしょうか。

設備仕様面は、総戸数100戸超のスケールがあるとはいえ敷地がほぼ分断されているということも影響してかディスポーザーはありません。食洗機は付いていますが、水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターのないシンプルな仕様になります。

管理費は180円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下なりに控えめな水準ではありますが、100戸超のスケールメリットを鑑みればさらにリーズナブルな水準でもおかしくなかったようには思います。

駐車場は全40台で身障者用を含む12台が平置、残りの28台が機械式になります。前回の記事で述べたようにエリア・駅距離を考えるといかにも少ないですね。駐輪場も戸あたり2台以下の198台分しかないですし、いずれも不可解な設定です。駐車場に関してはこの物件価格ともなると借りる余裕のないご家庭(車を持たないご家庭)が少なくないのかもしれませんが、それでは本末転倒な気がしますし…。

0 Comments



Post a comment