リビオレジデンス西麻布【南面絶好×緑豊かな公開空地の32階建】4階41㎡241,000円(坪賃料19,580円)

続けて、リビオレジデンス西麻布。

設計・施工は戸田建設です。
敷地面積は1,700㎡弱とタワマンとしては小ぶりですが、公開空地を設けることにより緩和を受け32階建という結構な高さを実現しています。

最大の特長と言っても過言でないのが豊かなランドプランで、約63%の高い空地率、建物四方に設けられた公開空地の豊かさは素晴らしいものがありますね。
三方が道路となる中で敷地南側にも緑豊かな東西貫通通路が設けられるなど、この物件が出来ることで近隣にも良い影響があるでしょう。北側が大通り(六本木通り)となる細めのタワマンなので六本木通り沿い(北側)のマンションを除けば日照に影響を及ぼす建物は少ないですしね。

また、メインエントランスが六本木通り沿い(北側)ではなく、敷地南東部の落ち着いたポジションにあるのも贅沢に感じます。緑が非常に豊かなゆとりあるアプローチですし、周囲には石積みも施されるためかなり雰囲気の良い空間になっています。

外観デザインに関しては、基壇部のブロンズ色のマリオンも素敵ですが、建物コーナー部の柱の周りに装飾された風合いある石調タイルはさらに素晴らしいですね。
前回の記事で述べたように、当物件は角住戸にもダイレクトサッシが採用されていないのですが、こういった装飾を施すことでデザイン的なインパクトを残すことに成功していると言えるでしょう。2層吹抜のエントランスホールは木・石などの自然素材をふんだんに用いた上品かつ高級感のある空間ですし、随所にセンスの良さを感じる物件でもあります。

また、タワマンとしてはけして大きなスケールの物件ではないのですが、最上階は共用施設のみ(住戸なし)という贅沢な設計で、ダイニング・テラス(屋外)・リビングという様々なシーンで使えるもの、また、低層部にもラウンジ・バルコニー(屋外)・フィットネスの3つがあり、特に40~50㎡台などの面積が小さ目(賃料帯が控えめ)なお部屋を検討する方には魅力的なものになりそうです。

前回のリビオレジデンス西麻布

SnapCrab_NoName_2024-1-27_10-5-17_No-00.png
賃貸)">参照ページ(三井の賃貸)
お部屋は40㎡超の1LDK、北向き中住戸です。六本木通り(首都高)を望む低層階ですので、視界・騒音共に褒められたものではありません。
ただ、上述のように最上階の共用施設を含む共用面、また、ランドプランやエントランス周りも魅力的な物件ですのでこういったタイプ(ポジション)でも十分なニーズがあると思います。

間取り的には40㎡そこそこながらかなりのワイドスパンになっているのは良いのですが、そのワイドスパンが全くと言っていいほど生きていない開口部は残念ですね。
宝(ワイドスパン)の持ち腐れという点ではちょうど同じぐらいの大きさのブライズ方南町のプランを思い出してしまいましたが、言うまでもなくグレードが全然違いますし、こっちの方がさらに開口部が小さいわなぁ…。
六本木通り(及び首都高)の騒音に配慮してあえて小さくというのもあるのかもしれませんけど…。

坪賃料は19,580円。低層階の約80㎡(南に面した角住戸)は24,000円程度ですので、六本木通り沿いの北向きなりにしっかりと単価を抑えているようです。
むろん賃貸タワマンは”ピンキリ”で、単に背が高いだけ(?)と感じるような物件もありますけど、こちらはそのように共用面やデザイン面もしっかりと追及したものになりますので(流石に坪単価1,000万円レベルのタワマンと比べると見劣りしますが、100㎡超も多いなりのしっかりとしたパフォーマンスではある)、この賃料単価及び20万円台半ばのグロスはこなれていると感じます。

ちなみに、当然ながら内廊下設計ですし、各階ゴミ置場やコンシェルジュサービスなども備わった物件になります。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、トイレ手洗いカウンターに加え、主寝室床暖房(LDは当然)、電子コンベック(85㎡以上)、LDビルトインエアコンなど高級賃貸なりに充実しています。賃料単価30,000円前後まで行くと当然といったレベルですが、昨今の20,000円前後ではこういったグレードの新築物件はほとんど見当たらないのでそういった点でもコンパクトタイプはお得感があると言えるでしょう。

駐車場は56台で機械式ながら大半がハイルーフになります。

0 Comments



Post a comment